読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こざっぱり!

闘病中R40独身女。それでもひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。

2月のワードローブ振り返り

実は2月はある程度着る洋服の数を固定して回していました。

それが結構楽だったので、記録化します。

 

自分のベースになる服(カプセルワードローブ)

・ベージュのゴアテックスコート+寒い時は部屋着にしているフリースをインナーに。

 →メインで使っていました。軽いわりに防風性が優れているので意外と寒くないのが高ポイント。軽いし雑に使えるから気楽に着れて、軽くてかさばらないから脱いだ時も邪魔にならないのも助かりました。防水なので、レインコートにもなるし雪の日も安心。だいぶくたびれてきたので、後継になるものが見つかり次第買い換えたいです。

・白シャツ2枚(仕事のみ)(下にババシャツを着ればこれだけでも意外と平気)

・黒のハイゲージVネックニット2枚(仕事、休日も)

・黒のハイゲージタートルネックニット(仕事、休日も)

・黒のワイドパンツ

・黒のスカート

・カーキのスカート2枚

1枚は使い倒して処分する予定だったけど2枚ともフル回転でした。

(・黒のクロップドパンツ)→メインにする予定だったけど使用頻度は低かったです。

(・黒のジャージ素材のパンツ)→同上

・黒のフラットシューズ

・黒のウェッジソールのパンプス

・黒の手袋

・A4サイズのトートバッグ

カプセルワードローブ以外の服(ほとんどは使い切るために着ていたもの)

・キャメルのローブコート

 今まで持っていたコートの中で一番似合うけれど、素材が良い故に大事にしすぎて着ていませんでしたが、その方がもったいないことに気がついて普段着におろしました。重いしかさばるから毎日着るのは厳しいけれど、これを着るととちょっとお出かけっぽい雰囲気になって気分が上がります。状態が良いからあと3年〜5年は着たいけれどそうできるかは流行次第。流行が終わるまでたっぷり楽しもうと思います。

・黒のベルテッドコート(ファー襟つき)(おしゃれ用)

 これも素材が良いので大事にしすぎて着てなかったことを反省して使うことに。ただ、こちらは弔事にも使うことを念頭に置いて買ったので、スタンダードなデザインでサイズもゆったり目。キャメルのコートと違い、あと5年〜10年はもたせたいから、無理して沢山着て使い切る必要はなく、あくまで本当にこれじゃなきゃ!っていう気分の時だけ着ていました。

・紫のワンピース

 おしゃれ着として愛用していたけれど、太ったら体型をごまかせなくなったので、主に部屋着として使用。元がおしゃれ着だから、部屋着のままちょっと出かけられるので重宝しています。今シーズン中に使い切りたいと思っていたけれど、お気に入りだし、旅行の時にもかさばらず便利なので、後継が見つかるまでは処分せずに、ガンガン使おうと思います。

・紺のワイドパンツ

 ベースカラーを白黒に絞ったため、これも使い切って処分しようと思っていたのだけれど、意外と使用頻度が高かったです。私がアクセントカラーとして選んでいるワインやローズと相性が良いし、黒が重苦しく見えがちな春には特に活躍しそう。無理して使い切り対象にすることもないかもなあと思い直し始めています。

・紺のスカート(同上)

・ワインカラーの丸首カーディガン

 ユニクロのメリノウールのカーディガン。上質なものと比べると野暮ったさを感じるし、手持ちのスミレ色のコットンカーディガンを秋冬にも使えばアクセントカラーのカーディガンは1個で十分だなと思って使い切りアイテムにしました。が、なんだかんだで顔映りがとても良い色で、この色はなかなか見つからないなあと思ったので、これも来季も継続して使うことになると思います。

・黒のハイヒールのショートブーツ

重いし、パンプスでも問題ないから使い切る予定だったのだけれど、パンプスよりこちらの方が断然スタイルはよく見えるし、歩きにくいというほどでもないので、使用頻度は意外と高かったです。こちらも無理して処分する必要はないのかなあと思い始めています。

その他

・体調が良ければお出かけ着の出番もあったと思うのですが、今月は出番ゼロ。

・雪の日にスノーブーツを使いました。念のために持っていた防水の手袋は使わずじまい。

・職場の置きジャケットの出番が数回。

 

というわけで1ヶ月、合計19枚+小物6個で乗り切りました。ぶっちゃけ12月1月もだいたいこの程度でやっていけたと思うので、冬は上記で十分すぎるほど十分ってことだと思います。

 これ以上量があっても使用頻度のばらつきが大きくなり、服を選ぶのにも時間がかかりそうなので、これが私が管理できる上限なんだと思います。

 

また、この中でも既に使用頻度のばらつきがあり、使用頻度が高かったのは

・ベージュのゴアテックスのコート(+インナーフリース)

・白シャツ2枚

・黒Vネックニット2枚

・黒のタートルネック

・黒のワイドパンツ

・黒のスカート

・カーキのスカート2枚

・黒の手袋

・黒のウェッジソールのパンプス

・A4サイズのトートバッグ

の服11枚+小物3点の14点でした。

 

ぶっちゃけ来年はこれだけにしろと言われればできそうです(+ジャケットとお出かけ着のワンピースとコートとスノーブーツがあれば完璧。あとは黒のフラットシューズも健康のために入れておくかなあといった感じです。)。

黒のパンツは当初3枚をベース服として考えていたわりに、使っていたのはワイドパンツばかりでした。ワイドパンツに合うブーツが使い切り対象だったのも理由ではありますが、ウェストが楽でスタイルが一番良く見えるからかもしれません。

タイツは平気なのにナチュラルストッキングが大嫌いな私の場合、パンツは春夏にストッキングを履かずに済ませるために身につけるものなので、タイツが使えるシーズンはスカートに伸びることが多いのも原因の1つだと思います。

なので、現段階では、数を減らすつもりはないのですが、春夏ももっと少ない数で舞わせられるようならば、削ろうかな。

 

人から見たら白シャツ2枚と黒のVネックニット2枚、カーキのスカート2枚、黒パンツ2枚は同じものにしか見えていない(実際、シャツとパンツは全く同じものを2枚持っている)と思うので、1枚ずつにしても良いようにも思うのですが、洗濯頻度を減らすために当面は2枚ずつのままでにしようと思います。

私は家事を楽にするため物を減らしているので、物の数を減らすことだけを目的に断捨離して、結果家事が増えたら本末転倒ですもんね。

 

それにしても同じようなアイテムばかりですね。

私の場合は今流行りの「私服の制服化」をした結果こうなったというよりは、似合う&好きで着ている服だけ残したら、同じようなアイテムばかりだった、という感じです。

体型に難があればあるほど、似合うアイテムって減るし、好きなアイテムも、その時々のマイブームはあったとしても、それでも大体決まってくるんですよね。私の場合は複数枚持っている服は、まさにそういうアイテムなんです。

印象を変えるために似合わない別のアイテムを取り入れるより、いつも同じだけどいつも自分に似合っている服を着ている人になりたいので、来年も基本はこんな感じになりそう。

 

こうやって見てみると、我慢して無理に減らすこともなく、「フランス人は服を10着しか持たない」の条件はクリアできちゃうものなんですね。(コートや小物は10着の中にカウントしないので。)

本来、必要十分なワードローブの数なんてその程度なのかもしれません。

 

それほど着たくもないし、なくても困らない服はほとんど処分したので、今手元にあるのは、必要不可欠な服(カプセルワードローブ)と、冠婚葬祭などのオケージョン服、なくても困らないけれどあれば楽しく着られる服だけになっています。

後者は処分しようと思えばできるけれど、断捨離がある程度進んだおかげで、クローゼットにかなり余裕があるので、今すぐ処分する必要性は乏しいです。

ミニマリストぶりっ子するため、数を減らすことだけを目的にして、資源を無駄にするのはなんだかなあと思ったので、積極的に楽しんで使い切ることで減らしていこうと思っています。