こざっぱり!

闘病中R40独身女。それでもひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。

なりたい自分がしていそうな一日の過ごし方を考える。

今の自分を捨て去りたいとよく思っています。生まれ変わりたいと思います。

だったら理想の自分になってしまえ!と思いました。

 

理想の自分がしていそうな一日の過ごし方を具体的に思い描いて、その通りの生活を少しずつ積み重ねて行けば、いつか理想の自分になれるのではないか、なんて思うのです。

内面はそんなにすぐに変えられないから、外堀から埋めていこうという魂胆です。習慣が人を形作るともいうのだから、やれることからやりたいな、と。

もちろん全部をいっぺんに、というのは無理だと思うのですが、まずは目標を定めるところから始めようと思います。

人からみた理想のR40女性の一日の過ごし方とはまた別かもしれませんが、他人の人生を生きるのではなく、私の人生を生きるための目標なので、あくまで自分がなりたい自分、を基準に考えます。

 

私の理想はこんな感じ。

たっぷり眠ったなあという満足感と共に目を覚ます。無理して早起きはしなくて良い。カーテンを開け、窓を開け、気持ちよく陽の光と風に感謝する。休日でも8時までには起床する。休日早く目が覚めた時は、とりあえず散歩する。

お腹が減っていないなら、無理して朝食は食べない。平日は、食べたいのであれば、朝からスイーツでも可。平日の朝は一日を頑張って過ごしたい!と思えるご褒美時間にする。時間がなくて慌ただしく流し込むような食事の仕方をするくらいなら、美味しいコーヒーをいっぱいゆっくり飲む方が良い。

休日は、丁寧に朝食を作る。

朝食中に、その日の天気と一日のニュースをざっと耳でチェックする。テレビがあるうちはワールドニュースを、テレビがなくなったらラジオで。

毎朝、なりたい自分像をちゃんと思い浮かべ、その日の目標を確認する。

使った食器はすぐに洗う。洗う時間が取れないなら食べない。

 5

どんなに時間がなくても、時短メイクで良いから、ヘア&メイクはちゃんとする。疲れが取れなくて、1分でも多く眠りたい日が続くようなら、マツエクを活用する。時短メイク用のアイテムと、きちんとメイク用のアイテムの2つ揃えても良い。

休日は、出かける予定がなくてもとりあえずメイクする。というか、休日ではあっても必ず一日1度は外に出る。朝のうちにメイクしないとだらだら過ごしがちだから、さっさとメイクする。

 6

食事は味わって食べられる余裕がある時に、たっぷり楽しんでする。味わう余裕がなく、食べることを楽しめないなら食べない。

食事前にテーブルはきちんと整える。

たとえ一人の食事でもいただきますとごちそうさまを欠かさない。

食事中のネット、本、テレビは禁止…と言いたいところだけれど、すぐに全部をやめることはできないので、せめてネットはやめる。

ただ、甘いものを食べる時だけは全部やめ、五感をフル稼働させて堪能する。出ないと食べた気がしなくてズルズルとたくさん食べてしまうから。

10

食事をゆっくり楽しめないなら、いっそ食べない。

よって、仕事中は絶対に間食しない。たとえ残業しても間食はしない。

慌ただしいようなら昼食も抜いて良い。

規則正しく食べるべき、というのはわかってはいるけれど、私の場合は、殺風景な職場で時間に追われながらストレスのはけ口として食べても、満足感が得られず、結局帰宅した後に、どか食いをしてしまう。それだったらトータルのカロリーを考えても、つまらない食事はしない方がマシだから。

同じ理由でお弁当はやめる。冷めたご飯が好きじゃない自分に素直になる。

11

甘いものは好きなお店の美味しいものしか食べないようにする。

スーパーやコンビニで買うジャンクフードは口にしない。

美味しいお店に行けず、甘いものが食べたくて仕方ない時は、散歩に出かける。

出かける元気がない時は本を買って良いことにする。

 12

ごちそうさまと行ったら、だらだらせず、とりあえず洗い物をする。

いつまでも食べ散らかした皿をテーブルに残したまま、テレビやネットをしない。

13

一日の終わりに、テーブルと、キッチンと、洗面所がきちんと片付いる状態にする。

一日1回ゴミを捨てにいき、まっさらな状態にする。

14

どんなにだるくても、化粧だけは絶対に落としてから眠る。

15

ネットをする時はタイマーをかけて、1日1時間まで。

16

23時までにお風呂などの身支度は済ませる。

17

できる限りは23時までに布団に入る。

30分はご褒美タイム。30分は一日の振り返りをする(そしてこのブログを書く)。

18

たとえ週末でも、絶対に絶対に24時までには電気を消す。

 

プラス出勤日 

時間があるなら会社まで歩く。でも無理しない。

仕事については、別枠で考えるので省略。

仕事終わりの過ごし方は、週単位で考える。

1日は、体のメンテナンス(医者やヘアサロンなど)

1日は、バレエ

1日は休養&家事(できれば出勤日の中日)

1日は、水泳

1日は、フリーデー(人と会うorお買い物。本でも美容でも。行きたいところに行く)

必ず週2はジムに直行する。(出ないとサボるから)

ジムに直行しない日はちゃんと自炊する。簡単な料理で良いから丁寧に作る。

 

プラス休日

休日は、必ず1度は外に出る。行きたいところリストをチェックして予定を立てておく。

休日のうち片方は、いやいや掃除をするのではなく、自分との戦い、一種のスポーツだと思って、がっつり掃除をする。祖父のように。ベランダや窓、トイレや洗面所もピカピカにする。

休日2日のうち1時間だけで良いから、自分の家で何かの練習、あるいは学習をする習慣をつける。

休日2日のうち1時間だけで良いから、美容関係のケアをする。爪を磨いたり、うなじを整えたり、ヘアアレンジの練習をしたり。

 5

休日2日のうち1日は行きたい所に出かける。そして1日は健康のための日、安息日にする。元気があるなら運動し、元気がないならゆっくり休み、家の片付けをし、英気を養い、翌週元気に仕事できるようにする。

できれば朝散歩かジョギングをする。