こざっぱり!

自分を変えようと奮闘中の闘病中R40独身女。ひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。記事は予約投稿のことも多々あり。反応のタイムラグはごめんなさい。

バレエ日誌(7/3〜7/9)

・私はピルエットをするためのルルベの時に、肩をあげちゃう癖があると指摘されました。肩を落として首を長く見せる意識でいると、背筋もピンとして、軸ができやすいそう。鎖骨を綺麗に見せる意識を大事にと言われました。

 

・何気なく前屈したら、左足の親指と右足の親指の見え方が違くてびっくり!

左の方は完全に指が上を向いていました。これが浮足ってやつ…?

意識してこれを下げるようにしたら、ちょっと土踏まずがつりそうになったのですが、本来だったら、それが正しい立ちかたなんだろうなあ。

 

・ストレッチバレエの先生は代行の先生だったのですが、足をフレックスにしたまま、横のデガジェをして、足の内側の筋肉を使う意識を高めるというレッスンが面白かったし、地味に足に効きました。

 

・手のポジションが定まらず、ピルエットの練習のバリエーションの際に、手が無駄に大きく動いていたのですが、上手な人を見たら、カウントごとにピシピシと揃えていたし、私の動きよりもずっとゆっくり時間を使って動かしてました。

少しゆとりを持ってやろうと思います。

 

・ピルエット、うっかりするとジャズみたいにパッセしている足が開かないままになっていました。

 

・ピケターンをしたあと、パッセした足を軸足のいちにストンと落としてプリエできず、例えば右進行だったら、左側に戻してしまう傾向があり、そのせいで、つぎのピケターンの時に本来以上に右に足を伸ばす必要が出てきてしまっていました。

軸も右に傾いたり、左に傾いたりと振りこみたいでした。まっすぐおろして、ちゃんとプリエできるようになりたいです。

 

・ピケターンをする時に、なんとなく顔を左右にふっていましたが、ちゃんと鏡に映る自分を捉えてやるようにしたら、首の軸ができました。

動きがものすごく綺麗な人がいるのですが、彼女は常に鏡をしっかり見ていて、落ち着いて動いているので、多分見るのって思っている以上に大事なんだろうなと思います。

私はとりあえずパワーとスピードで動きを消化しようとしちゃうタイプなのですが、ゆっくり落ち着いて自分を見ながらやりたいです。

 

・久しぶりに鏡を見ながらバーレッスンをしたら、左手の使い方が変!手首のところでくにっと曲がりやすいのと、肘がうまく使えてなくて、腕を下ろす時にふわっと柔らかく動かせてませんでした。 

 

・とはいえ、1キロ痩せただけで、ルルベ&パッセバランスがすごく楽!やっぱりバレエはダイエットが大事なんだなと痛感してます。