こざっぱり!

自分を変えようと奮闘中の闘病中R40独身女。ひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。体調変動が激しいので、投稿には波もあるし予約投稿も多いです。反応のタイムラグはごめんなさい。

過食との攻防テク覚書(随時更新)

もともと大食漢でいくら食べても満腹になることがない、よって腹八分目もわからない、食べることが大好き、ストレスのはけ口をスイーツに求めがち、そして今猛烈にストレスを感じている、さらにPMS期の過食が酷い、といった訳で、過食との戦いが長年続いてます。(ていうか今もまさに絶賛PMS過食の真っ最中)

でももう飽きた!!!

という訳で、今年こそ完全勝利で決着をつけるべく、私の私による私のための過食との攻防テクをまとめていきたいと思います。

気がついたことがあったら、その都度更新していくつもりです。

 

勝因

食事

・とりあえずお菓子を食べる前に食事しろ!

多少ジャンクであろうと多少炭水化物や脂肪が多かろうとまずは食事しろ!時間関係なくまず食事しろ!お菓子はエンプティカロリー。エンプティカロリーでは腹が膨れないから延々食べ続けてしまう。

・とにかくボウルいっぱいサラダを作って食べろ!

ドレッシングが多少ジャンクでも構わないから(ジャンク味の方が過食期は満足度が高かったりするし)、サラダを大量に食べろ!(結構噛むし食物繊維でお腹が膨れる。)

・スープは必須。

スープを省略すると、それであいたお腹に入るものが全部甘いものにかわる。理想は野菜スープや豚汁やミネストローネ、簡単に作れるところではたまごスープだけれど、インスタントの中華スープなどでも良いから、低カロリースープを常備しろ。この時ばかりは割高でも茅乃舎の出汁に頼るのもありっぽい。

・肉やししゃもなどのかみごたえのあるタンパク質は必ず食べろ。

タンパク質を摂取すると比較的満足感が高い。逆にいうと麺類などの炭水化物ばっかり食べてもいつまでたっても満足しない。

・甘いものに一気に走る前に、ノンカロリーの炭酸で腹を膨らませる、フルーツで腹を膨らませる、を一度挟め。それでもダメなら、やるべきことはやったと潔く諦めて正々堂々甘いものを食べよう。(後ろめたさを感じながら食べても満足感は低いから。)

・簡単でも良い。自分で作れ。

出来合いのお惣菜だと満足感がないのか、食べすぎる。自分で作るものは野菜も肉もポーションが大きく、きのこ類など食物繊維も豊富でかみごたえがあるので、市販のものを食べるより満足度も高いし、作っている間に案外お腹が満たされる。

・美味しいものリストを作っておいて、本気で食べたいものを食べよう。

 

行動

・とにかくカーテンを開けろ。

・どんなにだるくてもとりあえず部屋着から着替えろ。

着替えない限り出かけようという気にならない。家にいる限り食べ続けてしまう。

・食事と食後のデザートとの間に一度席をたち、食事で使った食器を洗え。

全てはそこからだ。(洗っている間に満腹感を感じられたらしめたもの。)

・とにかく少しでも立ち上がれたらさっさとルンバを起動して強制的に外に出よう。

外にいる間は極端な過食はしない(人の目があるから)。しかも動くことで食べることから頭が解放される。

・甘いものを買うくらいだったら、本を買ってカフェに入ろう。

お金がもったいないと家に引きこもると、結局最寄りのコンビニでお菓子を買い込みたらふく食べてダラダラするだけになってしまう。

・一番有効なのはジム。

今日は動く気力なんてない、なんていう時もジムにいくだけで、ストレッチくらいはできることもあるし、それすら無理でもジャグジーに入ると意外と食欲がおさまる。知り合いと他愛ない話をするのも気分転換になる。

何よりジムにいる間だけは食べたりしない。

・冬場はとにかく部屋を暖めろ。暖かい服装をしろ。話はそれからだ。

寒い→動くのが億劫→あったかーいお茶とお菓子で部屋でダラダラ。

・夏場はとにかく部屋を冷やせ。外に出られる服装をしろ。話はそれからだ。

暑い→動くのだるい→冷たい飲み物とお茶でダラダラ。

・さっさとねろ。退屈だったらねろ。

夜更かししてると夜食が1食増える。しかも夜こそ甘いものが際限なく食べたくなる。翌日睡眠不足のまま起きると、体が甘いものを欲し、無理やり血糖値をあげようとする。

・外に出る気力もないが、楽しみもない。そういう時は自宅で長風呂&お風呂で読書!!そのためなら電子書籍も好きなだけ買って良い!

・部屋を香水の香りで満たせ。

なるべく食事と相性の悪いもので!!香りで満足することもある。

・とりあえず歯を磨け。

・どーしてもどーしても甘いものが食べたいなら、本気で好きな店にわざわざ買いに行け。少なくとも動いた分だけはカロリーが相殺されるし、満足感は得られる。

・動く元気がある時はデパートのファッションフロアかコスメフロア、香水コーナー、あるいは大型書店へGO!

好きなものや綺麗なものに囲まれていると食欲を忘れる。しかも意外と歩く。それでつい散財してしまっても、さらに太って病気を増やすよりまだマシだと開き直ろう。今私が最優先すべきは健康だ。綺麗な人が多いエリアだとモチベーションも上がる。

・やばいなと思った時こそおしゃれしよう。

しっかりメイクして、眉毛を整えよう。おしゃれが最大の気晴らしになる。眉毛を抜いてる間だけで時間潰れるし。

・マニキュア塗り直しも有効。

マニキュアの匂いで食欲が減退するし、マニキュアが乾くまで食べられないお菓子もある。

(元気になったら、とりあえず朝でも夜でもランニング、ジムが空いてるならとりあえずジムが鉄板コース。今は無理だけど。あと職場復帰したら定期で遠出も超有効。)

 

 

敗因

・大して欲しくもないおやつやお惣菜をとりあえず買ってしまう。

本気で食べたいものにお金をかけろ。中途半端で誤魔化すな。

・いつかのために、まとめ買いの方がお得だから、とファミリーパックのお菓子を買ってしまう。

絶対にその日に食べきってしまう。

・あまり美味しくないお惣菜を買ってしまう。

美味しくないものではいくら食べても私の満腹中枢は目覚めてくれない。

・部屋着あるいはパジャマでパソコンの前に座り込んでしまう。

一度座り込んでしまうとテコでも動かなくなってしまう。

・パソコンの前に、大袋のままお菓子を持ってきてしまう。

(せめて少量ずつにすれば一度立ち上がった時に切り上げるタイミングができる。)(それが成功するかどうかは別として、きっかけゼロよりはまし)

・甘いものを大量に食べる→低血糖でだるくなる→二日酔いの迎え酒のようにさらに甘いものを食べてしまう→体が重くなって自分が惨めになる→外に出たくなる。誰とも会いたくなくなる→引きこもってさらに過食する。この流れがわかっているのだから、まずは甘いもの以外から食べろ。

・太って憂鬱になると憂鬱だからストレスで食べる。そして太る。

意味がわからないだろうけど私にだって意味がわからない。でも止められない。一定ラインを超えて太ると完全に諦めの境地で食べる量が増えてしまう。だからこそ、小さい幅でうまく耐えきるべし。

・暇と退屈が最大の敵。

とにかく暇だと食べるし退屈だと食べる。あと家だとネットや読書で気晴らししているつもりでもその傍らにはお菓子がある。(外なら大丈夫。)。

・作ろうと思えば作れるのに出来合いのお惣菜を買ってしまう。

出来合いのお惣菜に塗れると、食べる量が増えがち。