こざっぱり!

自分を変えようと奮闘中の闘病中R40独身女。ひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。体調変動が激しいので、投稿には波もあるし予約投稿も多いです。反応のタイムラグはごめんなさい。

最近のバッグの中身

ミニマリスト志向が強かった時と、闘病中の今とではバッグの中身がだいぶ変わったので、記録をかねてご紹介。

スマホ

病院の待ち時間に電子書籍を読んだり、タクシーを呼んだりと必需品。

 

・たっぷり入る長財布。

昔はカードと小銭がちょっとしか入らない小さな小さなカードケースをお財布にしていました。が病院関係って現金じゃないとだめな時もある(大学病院などカードが使えることもあるけれど)し、保存しなきゃいけない領収証なども出てくる。もらってすぐに片付けられる体調の時ばかりではないのです。

また、前は現金をほとんど持ち歩かなかったために、現金支払いのみのカフェなどは避けていました。が、体調が悪いと、街中でとにかくどうにか休みたい、暖をとりたい、薬を飲みたい=飲み物が欲しい、となることがしばしばあります。なのである程度現金を持ち歩くことにもしました。元気なときなら家からタンブラーを持ち運ぶのが節約になって良いのでしょうが、今はそのタンブラーの重さに耐えられません。(それ以外の持ち物が増えているせいもあるけれど。)

 最初はこの2点が大きな目的だったのですが、手が不自由になっていることもあって、大きくなっただけで、こんなに楽なんだなーとしみじみしています。案外これが最大の利点かもしれない。

 

・晴雨両用折り畳み傘+防水の傘ケース、サングラス

日差しに弱くなったのでこれも必需品。使わないときに、いちいちたたむのは不自由な手では面倒なので、柄だけ短くして傘ケースにしまい、そのままバッグに突っ込んでます。それできる優秀バッグを見つけられたのも収穫。

大きなメガネをするだけでも、目に入る花粉が40%ほど減るとのことなので、サングラスもしています。

 

・はおりものまたはストール

寒暖差に敏感になりました。これなしではやっていけません。

が使わないときに手元のに持つのも辛いので、バッグの条件に、使わないはおりものがポンと放り込める大きさ、というのが1つ加わりました。

 

・アクセサリーケース+髪ゴム

 私は無印良品のEVAクリアケース・小を使ってます。

www.muji.net

病院ではアクセサリーを外さないといけないことが多々あります。最初は面倒だからとノーアクセサリーで過ごしていたのですが、楽な服装をしてなおかつノーアクセサリーだと、ちょっといたたまれなくなることもあって、手軽なオシャレとしてアクセサリーをまたつけ始めました。なのでこちらを。手元、耳か首元にちょっとだけでも綺麗なものがあると、それだけでなんだか自信を持って人混みの中を歩ける気がするのです。

みすぼらしい格好をしていると明らかに失礼な態度になる人っていますよね。元気なときならフザケンナ!って跳ね返せるけれど、今はそういう悪意を跳ね返すだけの精神力がないので、ファッションを鎧がわりにしている節があります。

(通ってる病院がオシャレな人ばっかりいるエリアにあるというのもある…。もっと気楽なところがよかったなあ。)

また、病院に行くときは基本髪はまとめているのですが、うっかり忘れた時のための髪ゴムも予備として入れています。

 

 ・小物入れ(薬とガムとグロス

グロスに関しても、最初は病人なんだし、持ち物はなるべく軽いほうが…と思ったのですが身だしなみとして最低限の化粧直し用具として選びました。前述の通り、出先でちょっとお茶を飲んだりする機会が増えたので、口元だけでも、という感じです。

 

・予備の靴

本質的にはハイヒールフェチなので、ずっとフラットシューズでいるとそれはそれでストレスだったりします。なので体調良い時を見計らってハイヒールにチャレンジすることもあるのですが、ちょっとでもめまいがし始めたらフラットシューズに履き替えるようにしています。こういうことをするための軽量ハイヒールと軽量フラットシューズは確保済みです。

体はフラットシューズを求めるけれど心はハイヒールを求めるこの矛盾、闘病生活が長引いたら、少しは諦めもつくのでしょうか。

 

・エコバッグ

お気に入りのエコバッグも必需品。買い物はほぼネットスーパー頼りなのですが、通院後は疲れて料理できず、乗り換え駅で出来合いの食品などを買って済ませてしまうことが多々あります。そんなときに便利。

それだけでなく、バッグの荷物を左右に分けたいなあというときにも使ったりします。

 

・予備のマスク

病院内の必需品+花粉症対策として。家から出るときももちろんつけるのですが、慌てて忘れたり、会話の際に外してそのままうっかり落としてしまったりすることもあるので、予備のマスクを必ず1枚入れておきます。体が弱ってると病気ももらいやすくなってしまいますからね。

 

・タオルハンカチ、ティッシュ

 

とまあ、こんな感じです。

コートのポケットにスマホと小さな財布、ハンカチティッシュさえあれば手ぶらでも大丈夫!なくらいミニマルに過ごしていた時期もあったのですが、闘病中で、とにかく安全で楽に過ごしたくて持ち物が増えました。

あまりに量が多くてもその重さが負担になりますが、「ちょっとしたことなら我慢すれば良い。いざとなればどこかで買えば良い」と思えた健康な時と違って、「ちょっとしたことが我慢できなくなったし、いざとなってしまうとどこかで買う余裕がない」となった病身の差だと思います。

何がベストかはその人次第だなとしみじみ思います。