こざっぱり!

自分を変えようと奮闘中の闘病中R40独身女。ひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。体調変動が激しいので、投稿には波もあるし予約投稿も多いです。反応のタイムラグはごめんなさい。

1年間コスメを買わない:8&9月編

服だけでなくコスメも1年間買わないチャレンジをしています。

1年間買わないことで、手持ちの過剰在庫をなんとか使い切ることと、なおかつ手持ちの在庫と向き合うことで、自分が本当に必要としているアイテムが何かを把握し、かつ年間何をどれくらい持てば、不良在庫を持たずに、気持ちよくコスメの管理ができるかを把握するためです。

7月までに、一通り手持ちのコスメを使ってみて、どうしても合わないと思ったものは断捨離対象にし、ある程度コスメは厳選できてきました。

そこで、8、9月はある程度アイテムを絞ってそれを淡々と使って、使い切るのを目標としました。

今回は、 実際に使ったものと、使ってみての感想を記録にしておこうと思います。

 

<ベース>

エスプリークエクラ BBクリーム(お試しサイズ)

チャコットのベース

・シャネルのパウダーファンデーションのサンプル 

・NARSのリフ粉

チャコットのBE602(シェーディング)

・コスデコのAQライトフォーカス002(ハイライトとして)

・RMKのハイライト(限定のスティック)(会社の置きポーチ)

 基本的には消費期限の短い&SPF値が高いBBクリームを優先的に使い切ろうと思っていたのですが、シャネルのパウダーファンデーションが意外と相性が良いことに気がつき、それと合わせて使うために、断捨離対象にしていたベースを引っ張り出してきたので、ベースの量は多めです。

下地や日焼け止めが不要なBBクリームは私にとっては魅力的なアイテムだったのですが、長らく地黒の自分にあうものが見つけられずいいました。が、意外とマダム向けのドラッグストアコスメのものは色展開が豊富なんですね。というわけでエスプリークエクラは結構愛用しています。顔色をよく見せるというコンセプト(確かそうだったはず)も、今の私にとってはありがたいです。透明感はないけど厚ぼったくはならず、カバー力高めでくすみにくいのでR40にはありがたいです。そろそろ買うべきコスメのラインが変わってきたのかも。乾燥肌で、よく言われる崩れが気になるタイプという訳では決してないのですが、しっとり系のリキッドファンデなので、パウダー系ゼロだと髪が肌に張り付くため、うっすらパウダーをする必要はあるなと思いました。

チャコットの602は、ブルーベース向きのシェーディングということで有名だけれど、黄色いブルーベースの私にはちょっとあってないかな?という感じ。でもまあ薄づきなおかげで使えないこともないので、使い切ろうと思ってます。

RMKの限定スティックはあってもなくても良い気がしていますが、 気分転換に使ってます。

 

<チーク>

セザンヌの12(ラベンダー)とレブロン(限定)とシュウウエムラ(M225ラベンダー)

・オンリーミネラルのシャンパンピンク(帰省時に)

・シャネルのチーク(マリス)

セザンヌは赤転びし、レブロンは薄すぎ&粉とびが激しく持ちが悪いのですが、この二つを混ぜて使うとちょうど好みの仕上がりになるので、自作パレットにまとめて並べて混ぜて使って、今年中に使い切ろうと頑張っています。

オンリーミネラルは帰省時&会社の置きポーチに入れています。本来は目元用なのかな?と思うのですが、これまた使い切りたくてチークにも。

チークとして使うにはパール感が強すぎるかな?と思いました。またルースタイプはどうしても粉とびが激しいなとも。雑なメイクをする私の場合は、普通にプレストタイプのパウダーが一番使いやすいんだなと学びました。

シャネルのチークは、ブルーベースのPC冬の私がイエローベース、PC秋風のメイクをするときに使いました。

夏のギラギラする日差しを受けるとどうしてもブロンズ系のメイクがしたくなるのですが、そのときに青みのピンクってどうも気分が乗らないんですよね。

ただし、この色は赤転びしがちなので、使うときはNARSのリフ粉と混ぜて薄めて使っていました。

 

<アイブロウ>

ヘビーローテーションの眉マスカラ04

・ファシオのパウダーアイブロウ(チップタイプ)

・ヴィセの眉マスカラ

ヘビーローテーションの眉マスカラは、黒々とした眉毛の色をしっかりと隠してくれ、時間が経っても落ちないので、長年愛用してきました。なので1本だけでなく2本(&おまけに付いてきたミニサイズ1本)所持していました。

ところが今年は髪色がかなり暗めで、淡い眉の流行も終焉したのもあって、微妙に浮いているような感じが。 

他方ヴィセの方は、色自体はとても良いのですが、持ちが悪く、また発色も弱いため、いつの間にか自眉の黒に戻っってしまうという欠点が。

ちょうど中間のアイテムが理想なのですが、なんとか使い切ろうと思って、ヘビーローテーションの上からヴィセを重ねるようにしたら、まあまあ好みの色になり、もちもよくなりました。

以前だったらこういう試行錯誤はせず、別のアイテムを買い足してしまっていたと思います。買わないっていう縛りを設けることで、工夫するようになったんだなと思いました。

ちなみにチップタイプは、ふわっとした眉に仕上がるので、最近はこれもありなのかなと思いつつあります。

 

<アイメイク>

レブロンのイグザクティファイリキッドライナー 103マルベリー

 ・ファシオのパワフルカールマスカラ ボリュームBK001

 ・レアナニのマスカラ(緑)

 ・レアナニのマスカラ(ボルドー)(会社の置きポーチ)

・第三のマスカラ(会社の置きポーチ)

・NARSのスラバヤの右

・NARSのクアラルンプールの右

・NARSのSHOOTING STAR

・オンリーミネラルのシャンパンピンク(チークと兼用。)

・NARSのイゾルデ(NARSの上3色の組み合わせに飽きて使った)

ローラメルシエのスティックタイプのもの(限定で買った。色番忘れた)

マスカラは正直黒だけで十分だと思ったのですが、如何せん在庫過多なので、どうにか使い切るべく、黒のマスカラの下に仕込んだりしています。

アイシャドウはNARSのスラバヤとクアラルンプールとシューティングスターが私に似合うベスト3色だなと思いました。

が、これだけだと飽きる&夏はどうしてもギラギラのカッパーゴールドなどが使いたいということで断捨離対象だったイゾルデを引っ張り出してきました。

また、体調が悪くてまともにメイクもできずに会社に行ったとき、昼休みにアイメイクをすることがちょいちょいあったので、会社用の無難な茶色シャドウも1つあって良いかなと思いました。

ローラメルシエはその最適解という訳ではないのですが、さっさと使い切りたいので、今はこれを使っています。

レブロンはローラー状というのが珍しくて2色買ったもの。確かに良いけど、私の目元にはリキッド状のものよりジェルペンシルタイプの方があうような気がしてきました。

でもこれ自体はとても使いやすいです。ちょっとラメ?パールが入っているのも、目が綺麗に見える気がします。

 

<リップ>

ニベアの色付きリップ(スモーキーローズ)(使い切った!)

・シャネルルージュココグロス106アマレナ

・シャネルルージュココグロス724バーントシュガー

・ロレアルカラーリッシュルルージュ642(限定色)

レブロンのマットリップ

基本戦略として、消費期限の短いグロス、特に秋冬はあまり手が伸びない色のアマレナを集中的につかいました。が、10月入ってもまだ残ってます…。

アマレナは、透明な赤のグロスでラメ入り。10代、20代の頃に、素肌で使った時に一番似合っていた系統の色&形態なのだけど、今使うと、くすみのない赤にテカテカのグロスという形状が、肌年齢と合わなくて違和感がでるみたいです。あとグロス形状だと、つけ方が雑な私の場合は、唇のふちに液が溜まってだらしなく見えがちなのも、R40的にどうかなと。似合う色って変わるんですね。

バーントシュガーとロレアルはブロンズメイクをしたいときに気分展開で使いました。

ニベアの色付きリップもだいぶまえに買ったものだったので、これは仕事用としてガンガン使って使い切りました。自分の唇の色に近いので顔色がよく見えるという効果はあまりなかったものの、無難に大人しく仕上がるので、これはこれでありだったかなと思います。

意外と良いなと思ったのがロレアルのリップ。

私は縦じわが目立つから長らくリキッドリップかグロスを好んできたのですが、質感的にいまいち今っぽくならないのが悩みでした。

ですがこれはリップスティックで、しかも割とマットっぽく見えるのに、縦じわが目立たないんです。価格帯的に、プチプラというには微妙だし、かといってデパコス的な買う楽しみ的なものもないしで、微妙だなと思っていたのですが、品質的にはデパコス並みの満足感なので、それを3割引で買えていると思えば良いのかなと。

色展開的にも好みのものが多く、しかもまめに旬の限定カラーを出してくれてもいるので、今後はチェックしていきたいと思っています。

また、レブロンのマットリップも、SNSにつられて買ったのですが、マットな割にはカサつかず、しかもとにかく色持ちが良い!

香りがちょっと気になるのですが、レブロンも今後要チェックだなーと思いました。

 

*******

 とりあえず、現段階でわかったことはコスメはなかなか使いきれないぞ!ってこと。

超お気に入りのアイシャドウが2色あり、今年はほぼ毎日どちらかを使っている状態なのですが、それでも底見えする気配すらありません。

消費期限内に使い切ることさえ厳しそうです。

今までは、「お気に入りならいつか使い切る」などと言い訳してついつい買い足し、また心配性なので、ストックも…となっていたのですが、いやいや、使い切るってものすごく難易度高いし時間もかかりますね。

 なので、今後は

限定だからとか終売が怖いからとストックを買うのは絶対にやめようと心に誓いました。

特に消費期限が短い液状のものは、絶対に複数持たないようにすべきだなと思いました。

 

 

ただ、そうは言っても自分って飽きっぽいんだなとも気付かされました。超お気に入りのアイシャドウでさえ、たまに飽きるんですよね。

別の色を使うたびに、結局この3色が一番自分には似合うなあって思うし、そのこと自体はちゃんと自分でもわかっているのに、定期的に何か違う色が使いたくなるんです。

以前はコスメが過剰在庫になるたび、イラっとしてまとめて捨てては、結局買い足す、の繰り返しをしていたのですが、その原因はこの「飽きる」に尽きるんだなと。

これの対策としては、

・完全なミニマリストを目指すのではなく、自分が使いきれる範囲での幅を持たせる。

・「たまに使いたくなる」系のものは、割り切ってプチプラで買って1シーズンで入れ替え、新鮮な気持ちを無くさないようにする。

あたりが有効なのかな?と思うので、さしあたり今年の後半戦では「自分が使いきれる範囲の量」の把握につとめようと思います。