こざっぱり!

自分を変えようと奮闘中の闘病中R40独身女。ひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。体調変動が激しいので、投稿には波もあるし予約投稿も多いです。反応のタイムラグはごめんなさい。

買ったもの:コスメ関係色々と。

昨年色々断捨離して早速買ってるの?って感じですが、1in1(もっとかも)outって感じで、少しずつ手持ちコスメを理想に近づけていこうと思っています。

 

キャンメイク クイックラッシュカーラーBR

昨年微妙だなと思ったマスカラを一掃し、1.5軍のマスカラを会社の置きポーチに入れてきたら、家で使うマスカラがなくなってしまいました。

ということで1年ぶりのコスメの買い足しです。

長年愛用しているのはファシオなのですが、長年愛用していただけあって、ちょっぴり飽きています。

キャンメイクのマスカラ下地はマスカラ代わりにもなるしとにかくカールキープ力がすごいというSNSの書き込みを見てずっと気になっていました。

テスターがないので、液やブラシの形状がいまいちわからず今まで踏み切れずにいましたが、私の性格上、マスカラは使える間はどうしても捨てきれなくて、ずるずると消費期限を超えて使いがちなことを去年学んだので、ミニサイズでサクサク使いきれそうなところも気になりました。

なので、初めてのチャレンジ。

これが合わなかったら、長年の愛用品であるファシオに素直に戻ろうと思います。

色を茶色にしたのは久しぶり。昔は茶色の方が似合っていたんだよな、ということと春に向けて軽い色の方が良くない?てのと、黒飽きたってことで選んだのですが、昔に比べてアイシャドウが濃くなった今、黒の方がバランスが良いことに買って早々気がつきました。でもまあ買ったからには使い切ります。

リンメル エグザジェレート リップライナーペンシル002 

グロスの使い切りに勤しみつつ、濃すぎるリップをリップクリーム+ぽんぽん塗り+ティッシュオフでやりくりしていて、「なんか口元だらしなく見えてない?」と気がついてしまったので。

今まで必要性をほとんど認めてなかったのですが、久しぶりのチャレンジです。実際流行的にも長年触れられてこなかったアイテムのように思いますし、そのせいでどれが良いかとかの情報も少なくて悩んだのですが、繰り出し式+適度な柔らかさでちゃんと色がのる+唇に近い自然な色+黒い軸と条件全部満たしていたこちらを。意外と安くてびっくりしました。

RMK エアリーファンデーション 104

・顔全体をパウダーで仕上げると、どんなに透明と言われているパウダーでも白浮きする。特にファンデが顔の中心の色に合わせた色だと尚更。だからフェイスラインはフェイスパウダーよりシェーディング用の色のパウダーで仕上げた方が良い。 

・シェーディング用として売られているパウダーだと首と顔色に自然に馴染む色が見つけなにくい。ファンデーションの方が色展開が多いし、肌の色に近い。

・ブロンザーだとテカテカ光りすぎて、シェーディングとしては主張が強すぎ小顔に見えない

ってことから、フェイスラインは濃いめのファンデをブラシでつけるのがベストだと思いました。

そこで、パッケージが割と好みでどうせブラシ付けするならブラシ内蔵形で、ちょうど良い色のあるパウダーファンデーションを探して、RMKに行き着きました。

トムフォード アイカラークォード 23アフリカンバイオレット

前々からトムフォードはパッケージも色展開も素敵だなと憧れていて、特にこれはきれいな色の組み合わせだなと一目惚れ。

手持ちのアイシャドウを全部処分してでも使いたい!と思って、去年1年何も買わずに頑張ったご褒美として買っちゃいました。

アイシャドウを取っ替え引っ替えしたり、パレットに移し替えたりする生活に疲れちゃったので、高くても、捨て色がなくてパッケージが好きな品が見つかったら買っちゃえ!って気分だったんです。

買ったからには意地でも使い倒します。

これ買ってから、コスメはトムフォードで揃えたいなあという身の程知らずな野望が生まれてしまいました。

でも今までプチプラ〜デパコスであれこれ買って結局多額の浪費をしてきたことからすれば、トムフォードで少数精鋭だけ揃えた方がかえって節約になるかも?手持ちのものを消費しつつ、今後のコスメの買い方について考える一年になりそうです。

アスタリフトトライアルセット色々

基礎化粧品、何を使っても肌が反応しなくなったなあと思っていたのですが、帰省の際に試してみたら、意外とこれが肌に合いそうだったのでトライアルセットを買うことにしました。

トゥベール トライアルセット

今はトゥベールのセラミドミルクとナノエマルジョンを使っていて、それなりに気に入っているのですが、暖房をガンガンかけるこの季節は、下瞼から頬にかけてが突っ張るのと、額の小皺が気になってきたのとで、もう少し保湿力(水分保持力)が高いもっちりした仕上がりのものが欲しいなあと思ってトライアルセットを買うことにしました。

本当は5も6も本当は手持ちのコスメ全部使い切ってから買うべきでは?と思ったのですが、とりあえず真冬の乾燥はトライアルセットで乗り切って、手持ちコスメはその後一年かけて使い切ろうと思っています。

白鳳堂 B5520 ShSM アイシャドウ尖り ¥2000

超お気に入りのアイシャドウブラシ。二重の幅をはみ出ることなく締め色がのせられ、ぼかしやすいですし、下瞼にライン状にを入れるのにもちょうど良いのです。色ごとに使い分けたかったので追加で買いました。

白鳳堂 B144ShSM アイシャドウ丸平 ¥1800

下瞼にライナー的にラメを入れたり色を入れるのに買いました。本当は7を2本買っても良いかな?と思っていたくらいなのですが、仕上がり違うものがあっても良いのかなと思って。毛が少なくて平たい分、細く柔らかくラインが入ります。

白鳳堂 B142ShSM アイシャドウ丸 ¥1500

ラメをアイホールに満遍なくフワッとのせるために買いました。

密度の高い毛のブラシだと最初に毛先を置いたところにベタ付きしてしまい、不器用だとうまく広げられないのですが、程よく柔らかい毛質なので、ラメがべったりのることもないです。

本当は他におすすめされたブラシもあったのですが、私はせっかく白鳳堂で揃えるなら、シャンパンゴールドの柄が良い!っていうこだわりがあったのでそっちを優先させました。

白鳳堂ってブラシブランドとして超有名ですが、コスメブランドのブラシと比べると意外とお買い得なんですよね。

もちろんもっとお安い品だってありますが、そういう所のって試し付けさせてもらえなかったりして、買ってみてから合わないことが判明したりします。

だったら色々相談できてお試しもさせてくれ、失敗のないお買い物ができる白鳳堂で揃える方が無駄がないなと思いました。

9 白鳳堂 筆ぬぐい

ミニタオルみたいなもので、筆についたお粉をとるもの。毎回ティッシュを使うのもどうかな?と思っていたし、結構な頻度で洗っていたら毛の劣化も早くなってしまっていたので、こちらも買いました。とにかくよく色が取れる!

 

年始にまとめて揃えたので、しばらくはチマチマ買い足しのためにデパートに行って余計なものを買ってくる心配はないはず。(でないと困る。)

年始にまとめて買って年始にまとめて使い始めれば、使用開始時期も明確だし管理しやすそうです。

もし今年これで最終的な出費等のバランスに問題なかったら、今後もこういう風にしようと思います。さてどうなることやら。