こざっぱり!

自分を変えようと奮闘中の闘病中R40独身女。ひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。体調変動が激しいので、投稿には波もあるし予約投稿も多いです。反応のタイムラグはごめんなさい。

白髪対策:セルフ・リタッチ3度目

白髪対策、引きこもりになってから、美容院に行けず、とうとう今回が3回目。

次回が5月末だったので3ヶ月以上ぶりです。

 

1 今回の変更点

  1. 使用するカラーを変える

    今までは、ホーユービゲン香りのヘアカラークリーム、ウォームトーンで一番暗い5NAを使っていたのですが、今回は、同じシリーズの5NAと、ウォームトーンより赤みが少ないベーシックトーンの中で、もっと暗い色のダークブラウン6を1:4の割合で混ぜて使いました。

  2. 使用する量を変える

    前回、前々回で、合わせて1セットの4/5を使ったのですが、今回は量的には1セット分(5NAの残りの1/5とカラー6の4/5)を使いました。

    理由は前回染め残しが多かったこと、前回のリタッチから3ヶ月経ってだいぶ白髪が伸びてきたこと、後頭部にも白髪が生えるようになってリタッチ部分が増えたこと、の3点です。

  3. 付け方を変える

    前回までは部分ごとに丁寧に塗っていたため、最後の全体放置時間がとても短くなってしまい、それが染め残しの原因ではないかと思いました。なので、今回は多めに液を作って、最初の5分で全体に大雑把につけた後、なるべくたくさんの方向から髪を梳かし、空気にあてながら漫然なく塗布するようにしました。これで一気に染め残しがへりました。

  4. 放置時間を変える。

    説明書では全部で25分くらいとありましたが、今回は全部で30分時間をかけました。染め残しが減ったので当たりだったと思います。

 

2 今回の仕上がり

  1. 染め残しのムラが圧倒的に減った。
    これはやはり量を増やしたのと、最初に大雑把に全体に広げたおかげでカラー液が全体に浸透する(?)時間が増えたのと、実際放置時間を増やしたことの3点セットでの効果だと思います
  2. 白髪にも前よりは暗めに色が入った。
    やっぱり元の黒髪よりはだいぶ明るくはなるのですが、それでも色を変えたことによって、前より暗めの色に仕上がってくれました。
  3. 色選びは失敗した。
    今回新たに追加した6というカラーが大分黒寄りの色で、しかもトーンが苦手なタイプでした。私はお店でヘアカラーをするときはラベンダーとピンクを混ぜてもらっていて、赤みがないと顔色が黄ばんでくすんで見えるタイプなのですが、今回のカラーはまさにそういう感じになってしまいました。
    白髪染め、暗い色になればなるほど、色みの選択肢が少なく、そもそもこのヘアカラーを選んだのも比較的安価だったのにプラスして赤みの色があったからだったのですが、一段暗い色となるとその選択肢も消えてしまう…。
    今回メーカーサイトを見たら、ベーシックトーンには、5NAよりは暗く6より明るい5Dというカラーが存在することが判明。
    まとめ買いした在庫があるので、とりあえず次回は5NAと6の混ぜる比率を変えて試してみようと思います。あともし近場の店舗かネットスーパーで5Dを置いてあるところがあればそれを入手してそれも混ぜてみようと思います。
    もしそれでもダメだったら、あとは他のメーカーのを試すか、いっそ白髪染めじゃないヘアカラーを使うか、でしょうか。

    https://www.bigen.jp/hair_color/

    赤みの暗い色がある白髪染めで良いのがあったらぜひ教えてください。
  4. 髪の傷みやリタッチした部分以外との境目は特に気にならない。
    リタッチにとどめていて毛先まで塗っていないことと、そもそも均一に塗布できてないのが逆に良い感じに境目をぼかしてくれる効果があることから、意外と仕上がりは悪くないです。セルフヘアカラーは髪が傷むとよく言われていますし、そう思い込んでいましたが、極端なダメージヘア、極端なブリーチをするのでなければ案外大丈夫なんだなと思いました。それかこのシリーズが私の髪に合っているのかもしれません。

 

3 雑感

私の持病、今までは冬の方がきつかったのですが、今年の暑さに完全にやられ、体調悪化が著しく、ほぼ寝たきり。髪のことなんて構っていられませんでした。

でもようやく涼しくなって、少し外に出ようとして久しぶりに鏡を見たら、すごい量の白髪が頭のてっぺんから耳側くらいの長さまで伸びていて、3ヶ月の重みをようやく知りました。

年齢プラス10歳くらい老けて見えていました。
私は若見えには拘らないのですが、白髪だけでなく全体的に自分に手をかけられていなかったため、白髪が不潔に見えてしまうことにも気がつきました。それで外に出るのがますます辛くなる…。

顔色の悪さや姿勢など、持病+うつ病でもうどうにもできない部分があるにせよ、だからこそ手軽に家でどうにかできる白髪対策くらいはできるタイミングでやった方が良いなとつくづく感じました。