こざっぱり!

自分を変えようと奮闘中の闘病中R40独身女。ひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。記事は予約投稿のことも多々あり。反応のタイムラグはごめんなさい。

2017年やることリスト更新。1年を振り返ってみる。

12/24更新

誰とも合わないし、サンタがくる予定のないイブ、何もしないままだと鬱々としてくるので、この一年を振り返ってみることにしました。

今年はやらないことにしたものはグレーに、やり遂げたものを紫に、取り掛かっている途中のものをピンクにしてみました。

上向き調子の時はあれこれ手を広げていたけれど、下向きになった途端、断捨離系もリバウンドするし、人間関係を維持する努力が全部できなくなっていたなあという印象です。あと「丁寧な暮らし」系に影響されて立てた目標は、体調が悪くなった途端ことごとくできなくなってしまい、さらには「できなかった」ということが、メンタル的にとっても負担になりました。気持ちよく暮らすために立てた目標にかえって足を引っ張られてしまうのは本末転倒なので、目指す方向を変えようと思います。

今年後半、あまりにもガタガタっと生活が落ち込んだので、正直いうと、過去の自分の書いたことを振り返るのもすごくいやでした。でもようやくこうやって読めるようになったんだなと思うと感慨深いです。これも回復傾向の現れなのかなと思い、一応記録として残すことにしました。

 

7/8更新

上半期を振り返って見ました。

やることリスト総数→155個

やれたこと→46個

やっている途中のこと→36個

あとでやらなくても良いや、と思ったこと→52個

積み残し→20個

あれ?計算がおかしいぞ?でもまあいいや(適当)。

 

最初は張り切って色々あげて見たけれど、時間が経つと、そもそも体は1個、1日は24時間だっていうことに気がつく訳で、優先順位をつけてく中でやらなくて良いやと思うことも結構出てきました。なので、やるべきことはだいたい100個で、うち46個はクリアしているし、36個は取り掛かっているのだったら、結構がんばっている方じゃないかなと思います。

自分はダメだ、自分はダメだと、ダメ出しばっかりしていたし、特に3〜5月は体調も最悪で、本当にどん底のような生活をしていたので、人生を無駄にしているのでは、とか色々落ち込んだのですが、こうやって振り返って見たら、そんなに自分を否定しなくてもよかったんだなと。自分をもっと長い目で見てやる訓練の方が私には大事なのかも知れません。

ただ。やれてることって、一気にどうにかできること、一人でどうにかできること、お金で解決できることが多くて、対人関係やお勉強関係が手薄になっているという問題点も浮上してきました。

下半期は少し生活や家事を楽しむゆとりが持てるようになりたいな。

 

 

6/9更新

 

やるべきことが明白になったことと、ブログで公開したことがよかったのか、今までダラダラと先延ばしにしていたことが、着々とやり遂げられています。この調子で頑張りたいなあ。

 ****

 

年間目標に基づき、具体的にやりたいことを作りました。ちょこちょこ見直し、意識づけをしようと思います。

実際1月の月間目標を決めて、毎日振り返っていたら、意外とちゃんと頑張れたので。

それに、とりあえず書いてみると、それを実現するために何をしたら良いか、どんどんアイデアが沸いてきて、それをまた書くうちに、あれ?これなら今すぐ出来そう?となったりもします。

それもリスト化の効用ですね。

習慣化したいことは、まとめて、カレンダーアプリに予定としておとしこんで、管理してます。

 

  1. テレビボードを処分する。→買取依頼中→済み
  2. コーヒーテーブルを処分する。→買取依頼中→処分しないことにしました。
  3. ベッドフレームを処分する。→買取依頼中→当面処分しないことにしました。
  4. 電子ピアノを処分する。→買取依頼中→済み
  5. BOSEのスピーカーを処分する。→買取依頼中→当面処分しないことに。
  6. テレビを処分する。→買取依頼中→済
  7. 裁縫道具セットの整理→済
  8. 洋服の予備のボタン類の整理→済(第二弾が必要そうだけど一応は。)
  9. ベッドフレームを買う。→無印にしたい。無印良品週間に。→焦る必要はないかも。他の家具を処分したら、ベッドフレームくらいなら自分一人でどうにでもなるかなという気になりました6/9。
  10. ダイニングテーブルを買う。→無印か、物凄く良い品かの二択で考えていましたが、気軽に処分できる安いものでも良い気がしてきました。多慶屋さんなども回ってみようかな。→これももう少し待っても良いかなあと6/9。→坐骨神経痛が酷くなり、立ったり座ったりがきつくなりました。のでやっぱり購入することにして、ちょうど良いものを探しているところです。12/24
  11. ダイニングチェアを買う。→Yチェアにしたい→イームズのアルミナムチェアも良いかなあ。→これももう少し待っても良いかなと6/9。→坐骨神経痛が酷くなり、立ったり座ったりがきつくなりました。のでやっぱり購入することにして、ちょうど良いものを探しているところです。12/24
  12. お守りを奉納する。(奉納っていうの?)→済。3/1
  13. 自転車を修理点検するか処分するか決める。→そもそも鍵は?探さなきゃ!→鍵発見!→盗まれていました…。
  14. 使ってないパソコン類のデータを抹消して処分する。→消去してくれる業者を見つけたので、持ち込み予定。
  15. 使ってないキッチン用品(ハンディブレンダー、サラダスピナーアイスクリームメーカー、特大サイズのボウル、ストウブ)と食器を処分する。→済
  16. ドラム式洗濯機に買い換える。→8月頃が安くなる時期らしいので、そのころに考えます。→8月頃は、会社との往復だけで精一杯で手が回りませんでした。今は仕事をしていないので、体調と天気の良い日を選んで細々と自力でやっていて、それが生活のリズムを作る数少ないタスクになっているので、今年は買い換えるのをやめました。医療費の負担も大きいので…。体調が今より悪化して、洗濯ものを干すのが厳しくなった時か、逆に仕事に復帰できたときにまた考えようと思います。12/24
  17. 食洗機を買う→ビルトインで見た目がキッチンに馴染むものでなければいや。→マンションメーカーに見積りと仕上がりの資料を出してもらって導入するか決める。→見積もり依頼済み。→キッチンを見てもらったところ、なかなか難しそうだったので、今回はやめることにしました3/1
  18. 浄水器の蛇口を取り替える(2/7追加)→1年に1回、マンションの管理会社が取りまとめてくれるタイミングで買う。→今年は結局浄水器の蛇口の販売がありませんでした。なので来年に持ち越し。
  19. 大量に在庫を抱えている、紅茶を美味しく飲んで使い切る。→済!3/1→☆せっかく飲みきった紅茶ですが、ストレスが溜まった時についついネットで買ってしまい、また増えています…。12/24ただ、お茶をゆっくり淹れるのがストレス解消になっているのもまた事実なんですよね…。
  20. 大量に在庫を抱えている、中国茶を美味しく飲んで使い切る。→ほとんど飲みきり、ジャスミンティーと烏龍茶が残るのみ。これくらいだったら無理して消費しようとしなくても今年中に飲み切れそうなので、やるべきリストからは外します6/9。
  21. バルサミコ酢を使い切る。→使い切りレシピを調べてまとめてく。→醤油&みりんで作る品は大体バルサミコが合うことを発見!あと肉汁と煮詰めるだけでソースになるので意外と使いやすいです。→ぶじ使い切り!3/1
  22. カルダモンを使い切る。→使い切りレシピを調べてまとめてく。→使い切るのがしんどくなったので断捨離しました。3/1
  23. シナモンを使い切る。→使い切りレシピを調べてまとめてく。→使い切るのがしんどくて断捨離しました。3/1
  24. トムヤムクンの素を使い切る。→使い切った!
  25. プロテインを使い切る。→いつの間にか使い切ってた!12/24
  26. プロテインスープを使い切る。→使い切った!
  27. ラカントを使い切る。→コーヒーゼリーを作ろうかな。→使い切れず断捨離。
  28. ラカントのシロップも使い切る。→コーヒーゼリーを作ろうかな。→ちょびちょびは使っているのですが、まだ使いきれていません。ラカントはシロップより粒の方が、ロイヤルミルクティーなどで使いやすい気がします。味も美味しいし。賞味期限はきれてしまっているのですが、あと少しなので来年に持ち越します。12/24
  29. ドレッシングを使い切る。3/1追加→いつの間にか使い切ってた!
  30. 防災用に買ったけれどイマイチだったインスタント食品を使い切る。特にインスタントラーメン(お湯が必要だから災害用備蓄品としては×)3/1追加→いつの間にか使い切ってた!12/24
  31. 赤ワインを使い切る。3/1追加。(開栓してから時間がたったので料理酒として。)→使いきれる様子がなかったので、断捨離しました。がその後、赤ワインソースを作りたくなって困りました。早まったみたいです。7/9
  32. サプリ(飲む日焼け止め、鉄分、ビタミンB、ビタミンC、ビオフェルミン)を使い切る。3/1追加。→さしあたりビオフェルミンとビタミンBは使い切り。でも吹き出物が多発したのでビタミンBはまた買いました…。7/8
  33. 午後からデカフェ生活。→麦茶的なもののティーバッグなど、職場で使いやすいものを探す。→無印で黒豆茶のティーバッグ発見!取り入れてみる。→こんな目標を立てていたことすら忘れていました。今年の後半は夜お茶が唯一の楽しみでした。12/24 でも今は仕事もしていないし、少し見直そうかなあ。12/24
  34. クエン酸を使い切る。→クエン酸の使い道をチェック。→トイレ掃除が良いらしい。→済
  35. 洗濯ハンガーの壊れた洗濯バサミを取り替えることにチャレンジ。できなかったら買い換える。→とりあえず、余った洗濯ばさみをハンガーに引っ掛けてみた(2/4)
  36.  文房具の在庫を減らす。→主張買取で一応見てもらって、引き取ってもらえないものは、実家の親にきき、職場で使えそうなものは仕事に提供。それ以外は処分。→親が勉強用の文具が欲しいというので引き取ってもらいました。12/24
  37. 中途半端に余ったノートを徹底的にメモとして使い倒す。1年やって年末に残ったものは全部捨てる。→3月から水泳とバレエを再開することにしました。ので、水泳ノートとバレエノートを作ることに。→図があったほうが便利なことももちろんあるのだけれど、だとしても基本はブログに記録を残しておけば済むことに気がつきました。なので、断捨離するか、実家の親に引き取ってもらうか…(親もメモ魔なので。)7/8→親が勉強用の文具が欲しいというので引き取ってもらいました。12/24
  38. パソコン台を買って姿勢改善→まずはテーブルから。
  39. 洗剤類を使い切り、最低限必要なものを見極め、それだけにする。→とりあえず、お急ぎモードが使えないジェルボールはリピしません。→洗濯洗剤に関しては、近くのスーパー(ネットスーパーあり)とコンビニのプライベートブランドの方がやすいことを発見。試してみる。→済。プライベートブランドのものは香りがどうにも耐えきれず。amazonで大容量のを買った方が割安なものもあったので、今後はそちらにしようかなと思います。
  40. 取っ手の取れるティファールを買い換える。→買った。
  41. 靴磨きを習慣化する。(カレンダーアプリに隔週の予定として登録しておく。)→結局できずじまいでした。そして休職後はスニーカーしか使っていないので、靴磨きをする機会もありませんでした。12/24
  42. 包丁研ぎを習慣化する。(同上)→完全に習慣化したとまでは言えませんが、割とちょこちょこやっていた気がします。来年も引き続き習慣化させられるようにしようと思います。
  43. 月に一回、ルンバを分解掃除する。→気軽に分解できるよう、ドライバーセットをルンバの付属品入れにうつしかえる。→カレンダーアプリに毎月1回の予定として登録。→月1回はちょっと厳しいかなあ。まだ大丈夫かな?とついついサボっていました。でも2、3か月に1回はやっていたし、それくらいのペースでやるとゴミがわんさか取れてやりがいも感じられました。のでこれは来年も引き続きそのペースで。
  44. ワンシーズンに一回カーテンを洗う。とりあえず洗う日を決めてカレンダーアプリに登録。洗ったら、3ヶ月後の予定として仮登録。→3か月に1回は、ちょっとつらいなあという感じです。花粉が落ち着く&梅雨前のGW開けと、10月か11月の天気の良い日に早めにやれればそれで良いかな?来年も忘れず頑張ります。12/24
  45. 消耗品を1つ使い切る期間をチェックし、年間の消費を把握する。→開封時に日付をかく。→そのため、消耗品をよく置く場所(洗面所とキッチン)にマジックを置いておく。→使い始めにやれたものとやれてないものがあって、1年では把握しきれませんでした。来年に持ち越します。
  46. キッチンの換気扇を三ヶ月に1回、分解掃除。→油をほとんど使わないしフィルターをかけているせいか、あまり汚れてないので、1年に1回でも大丈夫そう?6/9→1年に1回で良いことにします。12/24
  47. 24時間換気システム(トイレ、洗面所、風呂、リビング、ベッドルーム)の換気扇を月1で掃除機で掃除(本当は隔週くらいのペースでできるようになりたいけど)し3ヶ月に1回取り替える。。→カレンダーアプリに登録。→正直そこまで手が回りませんでした。来年に持ち越します。12/24
  48. 6月にエアコンの洗浄をプロに頼む。→カレンダーアプリに登録。→そこまでがっつり掃除をしなくても大丈夫そうなので、自分で掃除して終わりにしました。
  49. 2日に1日はお買い物をしない日にする。 (節約になるし家計簿つけなくて済む。)→とはいえ、お菓子類はそのつど買う方が良さそうな気も。ということで保留。3/1→節約するには買い物をしない日を作った方が良いのだけれど、他方で買い物がストレス解消になっている部分もあるので、今回は目標からは外す。
  50. 食事の前にテーブルを片付ける。→ブログをサボっていた間はひどいものでした。来年に持ち越します。12/24
  51. 眠る前にテーブルに何もない状態にする。→ブログをサボっていた間はひどいものでした。来年に持ち越します。12/24
  52. 休日は食後、コーヒーか紅茶を淹れるためのお湯を沸かす間に洗い物をする。→ブログをサボっていた間はひどいものでした。来年に持ち越します。12/24 
  53. ズボラなりにこざっぱりとした家を保つための家事の方法を確立してブログにまとめる。→来年に持ち越します。12/24
  54. 服を使い切る。(キャメルのパンツ、ネイビーのパンツ、ネイビーのスカート、白カットソー2枚、白Tシャツ1枚、白ジャケット(職場におく)、ネイビージャケット(職場に置く)、コットンのグレーのカーディガン(職場に置いておく)、白のカーディガン、黒のカーディガン、紫のワンピース、青のワンピース、黒のノースリーブワンピース2枚、)→ネイビーのボトムは有効活用できそうなので、使い切り対象からは外します。→秋以降、ネイビーがどうしても着たくなくなってしまって、手付かずになっています。来年の春先にガンガン使って着倒そうと思います。12/24
  55. ネイビーとダークグレーのタイツを使いきる。→ネイビー自体をワードローブから断捨離する予定だったのだけれど、ボトム&靴に関しては無理して断捨離する必要はない気もしてきました。2/16。→それより山のようにある黒のタイツとナチュラルストッキングを使い切った方が良いような。3/1→黒の起毛タイツは全部穴があくまで使いきり、在庫はゼロになりました。グレーのタイツはオールブラックの服装をする時に使うようにしています。ただ、秋以降、ネイビーがどうしても着たくなくなってしまって、手付かずになっています。来年の春先にガンガン使って着倒そうと思います。12/24
  56. コスメを使い切る。(消費期限を考えて今年1年で使い倒す。)(マニキュアも)→使い掛けでも売れるらしいので処分する。→済→せっかく使い切ったコスメですが、今年後半、ストレスでやけがいに走り、また増えてしまいました…。12/24
  57. 断捨離を経て手元に残ったコスメを使いきる。それまではコスメを買わない。見ると欲しくなるからみない調べない!1年耐えたら、消費期限切れをまとめて処分して、一新する!いっぺんに揃える楽しさを味わおう!3/1追加→使いきれたのは結局マスカラ、リキッドリップ1本、チークだけでした…。来年に持ち越します。12/24
  58. 使わない香水を処分する。→済
  59. 使うつもりがある香水類は使いきる。(ルームスプレーにする&夜眠る前に使う。)→使いやすい場所に置いて、すぐに使えるようにする。(ベッドと玄関か)→香水を使う気力もないままの時期があったのですが、最近また楽しむようになっています。来年に持ち越しかな。12/24
  60. エッセンシャルオイルを使い切る。→トイレに置いておいて、最後に流す?→玄関に置いて使う?→使い切った!→また増やしてしまいました…。12/24
  61. 下着の更新(ブラ)
  62. 下着の更新(パンツ)→手持ちで乗り切れば良い気がしてきた。
  63. 下着の更新(女子の日用パンツ)→ネットスーパーのプライベートブランドでコットンが多いものを発見。試しに買ってみる?→手持ちのでも当分耐えられるから今年は我慢。
  64. シンプルスキンケアをきっちり定番化させる。
  65. メイクの定番化3パターンを確立する。(時短最低限メイク、お仕事メイク、勝負メイク)→ていうか、メイクアイテムをかなり断捨離したので、気がついたらパターン化してました。7/8
  66. 夜会巻きをマスターする。(普段にも、改まった席にもできるように。)→先ずは休日にチャレンジする。
  67. 3分でできる見栄えの良いヘアアレンジを1つだけで良いからマスターする。(逆向きくるりんぱの、ポニーテールとかどうだろう。)→とりあえずくるりんぱで隠せる細いゴムを用意する(済)。
  68.  ホットカーラーかヘアアイロンを買う。→とりあえずどっちが良いか確認。安いのはホットカーラーだからホットカーラーから試してみる?→ホットカーラーは温まるまでの待ち時間が厳しい。小さいヘアアイロンか、マジックテープのカーラーに挑戦する?→手持ちのドライヤー+ロールブラシでも良いのでは。→ということでロールブラシを買う、に変更。→今年はこれはパスします。1本結びで綺麗に見えるようにした方が良さそうだから。
  69. 綺麗な斜め前髪ができるようになる。
  70. 自分のシグネチャーになり、かつ雑に使える安いヘアアクセサリーを買う。→手持ちでまずはがんばる。
  71. 使ってない時計を売る。→でも大事に使っても良い気もする。迷う。→査定してもらってそれで考える?→来年に持ち越します。12/24
  72. 黒のニットとパンツ、スニーカーでも、もさくない体型になる。→まずはスニーカーを履きなれる。姿勢をよくする。ヘアスタイルに気を遣う。→現在絶賛練習中。12/24
  73. 黒の上質なA5サイズのバッグを買う。それが似合う自分になる。それに入る荷物でやっていける自分になる。→バーキンに憧れるけど、プリュムも良いし、ピーカブーもかわいいなあ。→プリュム(ゴールド金具)でちょうど良いサイズに出会ったら買う。出会わなければ買わない。→済
  74. オーダーワンピース(痩せたらご褒美に作ろうかなと思ったんだけど、デブの時に綺麗に見えるワンピースがあった方が便利な気がする。痩せた時は選択肢が増えるけど、デブだとないから。)→資産運用の本を読んだら、私が浪費に使っていい年間額をすでに超えていたので、今年はやめます。来年に持ち越し。
  75. オーダーシューズ→資産運用の本を読んだら、私が浪費に使っていい年間額をすでに超えていたので、今年はやめます。来年に持ち越し。
  76. 足に良い黒のウォーキングシューズで、軽いものを見つける。(ハイヒールが好きだけど反り腰矯正&足の横アーチ復活のため)(スケッチャーズ?)
  77. 年間での衣服代、コスメ代(ヘアケア含む)、雑費(掃除や洗濯、など)を把握する。→これらだけでも家計簿につける。消耗品はちゃんと値段を把握しておくと、家計にもプラスになるなと思った。→結局全然的てません。来年に持ち越します。12/24
  78. 試着せずにネットで見ただけで服を買うのをやめる。→送料と返送料がかからないお店であれば、ネットもOKだなと思う。サイズなどが見つかりにくい場合、ネットのほうが便利なので。6/9→体調が悪化し始めた時、この誓いを忘れてまんまと失敗しました。来年に持ち越します。12/24
  79. ゴアテックスを自分でクリーニングする。→とりあえずクリーニング方法と専用洗剤をチェック。→ネットで買えるようなので、安くなったタイミングで。→済
  80. 今年こそ元気になってバレエを再開する。→3月からとりあえず見学でも良いので再開してみる。→バレエができないときは、バレエについての本や雑誌、動画をチェックし、テクニックの名称とコツを言葉として覚える。→元気になれた訳ではないけれど、やれる範囲でバレエを再開しました!7/8
  81. バレエを再開したらお稽古日記をつける。(先生が許可してくれたらレッスン中にメモを取る。)→バレエができないときは、ノートを整理する。→このブログにバレエ日記をつけることにしました。7/8
  82. 今年こそ元気になって水泳を再開する。→とりあえず見学でも良いから3月から再開する。→水泳ができないときは、水泳についての本や雑誌、動画をチェックし、最新の泳ぎ方のイメージトレーニングする。鏡の前で体の使い方を確認んする。→元気になった訳でもないけれど、とりあえず少しずつ再開しています。7/8
  83. 水泳を再開したらお稽古日記をつける。→水泳ができないときは、過去つけていたお稽古日記の整理をする。→このブログに水泳日記を残すことにしました。7/8
  84. 自分で自分の機嫌を良くすることができるようになる。→体が動かなくて辛い時でも楽しめる、自分を幸せにできることを考え、リスト化しておく。
  85. 今の住まいの電気自転車のシェアリングに参加する。(無料らしいので、重い荷物の時にバスなどを利用するより安上がり。盗まれた自転車の代わりは買わずに利用しようと思う。)→めまいふらつきがあるので、今年はやめておく。
  86. まっすぐ座る。左足を椅子に絡める癖と、左脇腹を左に倒す癖を直す。腰痛の原因だと思うから。→デスクワークの時がひどいので、就業日の11時と15時にアプリに姿勢を直す!という登録をする。
  87. 180度開脚→お尻の肉が硬いので、ストレッチを習慣にする。足を絡めて前に体を倒す。→夜眠る前の習慣として、カレンダーアプリに登録。→バレエの先生に開脚したまま、腰を前傾させてテレビを見たら良いよと言われました。テレビはないから、ネットサーフィン中は開脚します。→テレビがなくなったので無理。12/24
  88. ターンアウトを強化する。7/8追加→バレエの先生に、就寝時は足をひし形にして置くと、自重で開きやすくなる&リラックスしているうちに緊張が緩んで開きやすくなると教わったので、早速取り入れてみようと思います。
  89. 左脇腹の筋肉をつける。プランクとサイドプランク→夜眠る前の習慣として、カレンダーアプリに登録。→眠る前にやると汗をかいて辛いので、バレエレッスン前にやってみようと思います。7/8→今は無理。12/24
  90. 左足の筋肉強化。片足スクワットかランジ。→歯磨きしながら。→とりあえず朝の歯磨きの習慣にするため、カレンダーアプリに登録。→朝の歯磨き時間にそんな暇はないので、せめてヨガの戦士のポーズを取る時、ズルをせず、パーフェクトに整えようと思います。→12/24
  91. 肩や腕ではなく、背中の筋肉で腕を動かせるようになる。肩甲骨を柔らかく使う。肩の重さ、固さ、痛さとごつさを取りたい。肩の力を抜くことを意識する。→水泳でもバレエでも指摘を受けるので、少しずつ直せているはず。7/8
  92. 朝布団で寝覚めのストレッチ。操体法。→朝の予定としてカレンダーアプリに登録。→操体法そのものではないけれど、なんとなくムズムズ動くのは習慣化してきた気がします。目覚めが前よりは(あくまで前よりは、ですけど)よくなった気がします。7/8
  93. ポールダンスの体験教室に行く。(元気になったら)→今年はパス。
  94. エアリーヨガの体験教室に行く。(元気になったら)→今年はパス。
  95. フラメンコの体験教室に行く。(元気になったら)→今年はまずは水泳とバレエ(とヨガとピラティス)で、体を整えることに注力しようと思います。でも来年あたり、時間が取れたらやりたいな。7/8
  96. ボーカルレッスンの体験教室にいく。→済。→とりあえずレッスン始めることにしました。体調が安定しないから、休むと月謝が勿体ないし先生に悪いから、と伸ばし伸ばしにしていたら、いつやれるようになるのか、見込みがたたないので。→やめることにしました。体調が安定しなくて、なかなか通いきれないのです。
  97. 安く通える華道教室を探す。(今すぐは無理だけど)→ボーカルレッスンの件を考えると定期的に通うお稽古は今は無理だと思ったのでやめます。
  98. 安く通える茶道教室を探す。(今すぐは無理だけど)→ボーカルレッスンの件を考えると定期的に通うお稽古は今は無理だと思ったのでやめます。
  99. サックスの体験教室に行く。(元気になったら)→資産運用の本を読んだら、私がお稽古にかけられる年間額を超えることが確実なので、ひとまずパス。
  100. フルートの体験教室に行く。(元気になったら)→資産運用の本を読んだら、私がお稽古にかけられる年間額を超えることが確実なので、ひとまずパス。
  101. 安く通える英会話サークルを探す。(今すぐは無理だけど)→資産運用の本を読んだら、私がお稽古にかけられる年間額を超えることが確実なので、ひとまずパス。
  102. 英検→6月の申し込みは終わってしまったので、とりあえず、秋の検定を検討。→秋の記憶があまりありません…。当分パスします。12/24
  103. TOEICTOEICって1回とったら終わり、というようなものでもないので、どうせやるんだったら、英検の方がとくかも?
  104. 簿記
  105. 社労士?→今の仕事が向いてないような気がする…などと悶々と悩んでいましたが、病気休暇を取らざるを得なかった経験を通じて、労務管理に興味が出てきました。人事部門は狭き門なのですが、社労士勉強したら可能性は出るかな?でも今の仕事(専門職)にも未練はあるんですよね。向いてはないかもしれないし、好きじゃないと思う時もあるけれど、でもやっててよかったなと思うことも確かにあるので。→うーん、でもストレングスファインダーで見つけた私の強みが活かされるかというと??もう少し考えます。3/1
  106. 行政書士?→うーん、でもストレングスファインダーで見つけた私の強みが活かされるかというと??もう少し考えます。3/1
  107. 自分の強み(ストレングスファインダー参照)を生かせる資格や仕事がないか調査する。3/1
  108. FPの勉強をして、自分の家計管理くらいはできるようになる。
  109. 確定拠出型年金について勉強する。→すっかり忘れてました。来年に持ち越します。12/24
  110. ふるさと納税にチャレンジ→申し込んだ。あとは届くのを待つだけ!済
  111. 携帯キャリアを再検討。今は家族割で縛られているのですが、それでも変えたほうが良さそう。→色々面倒なので、今年はやめときます。→かえました。12/24
  112. 投資の勉強。株主優待に興味あり。
  113. 自分の考えを相手に上手に伝える訓練をしたい。まずは自分の考えを端的にまとめてから、順序立てて話す訓練。3/1追加→人と話す機会すらないので、仕事に復帰できてから考えます。12/24
  114. 自分の考えを相手に納得してもらうための訓練をしたい。相手の性格や反応パターンを覚えて、それに合わせた説得パターンを使い分けられるようになりたい。3/1追加→人と話す機会すらないので、仕事に復帰できてから考えます。12/24
  115. 人間観察をする。第一弾として、同僚をもっとよく観察する。どのように頼んで、どのように相手の話を聞くと、スムーズに関係が進むのか、何が好きで嫌いなのかをもっとよく観察する。3/1→人と話す機会すらないので、仕事に復帰できてから考えます。12/24
  116. 人間ドックに行く。

  117.  医療費をきっちり管理する。とりあえず家計簿アプリにマメに入力。レシートは支払先ごとに時系列で並べる。

  118.  医療費控除の申請をする。→した。

  119. 利用していない銀行の整理。(今取引していないネット主体の銀行1つと、昔講座を作っていたけど今の住まいの近所に支店がない都市銀行の解約。)
  120. お得なポイントサイトの登録。→今は、他にもっと頑張ることがあるきがするので、今回はパスすることにしました。7/8

  121. カード、電子マネーのお得な利用方法を調べる。→ 今は、他にもっと頑張ることがあるきがするので、今回はパスすることにしました。7/8

  122. 奥様雑誌を定期的に見て、時短と節約時短おしゃれ(ヘアアレンジなど)を仕入れる。→一時期集中的に見たけど、似たような情報が多くて…。今は、他にもっと頑張ることがあるきがするので、今回はパスすることにしました。7/8

  123.  バレエを観に行く。綺麗な格好をして。→資産運用の本を読んだら、浪費に使える年間額をすでに超えていたので、今年はパス。

  124. 気になる料理研究家の単発のお料理教室に行ってみる。→資産運用の本を読んだら、浪費に使える年間額をすでに超えていたので、今年はパス。

  125. 気になるスイーツのお店やレストランに行く。地方のお店のは東京出店を見逃さず、フットワークを軽く。→行きたいお店リストを作り。定休日と家や職場からの経路を調べておく。

  126. 料理の本通りに料理を作ってみる。
  127. ガトーショコラを作る。→お菓子づくりはしない、と決めた方が楽な気がしてきた。→バーミックスを処分することにしたのでもうやめる。3/1
  128. 紅茶を丁寧に淹れる。
  129. 紅茶のセミナーに参加してみる→以前参加したけど、いまいちだったことを思い出しました。紅茶にハマった時期にそれなりに自分で色々調べてチャレンジしてたから、初心者用セミナーだと経験済みの話しか話題にならなかったんですよね。だからこれはやめます。
  130. 緑茶のセミナーに参加してみる。紅茶の代わりにこちらを目標にします。日本茶ほとんど飲まないので自信がないから。→申し込んだら空き待ちでした。どうなるかなあ。→とりあえず1つは行けることに!→と思ったら、予定が入ってしまいました。そもそも現在緑茶をそんなに飲もうと思わないので、今年はパスします。3/1
  131. コーヒーを丁寧に淹れる。
  132. コーヒーセミナーに参加してみる。→スタバ?丸山珈琲?キーコーヒー
  133. 久しぶりにポールオースターを読む。
  134. マインドフルネスについて学ぶ。
  135. 認知行動療法について学ぶ。→体を動かすことに集中したいので、今年はパスします。次にどーんと落ち込んで、動けなくなったら、その時じっくり学ぼうかな。7/8
  136. アドラーを読む。→体を動かすことに集中したいので、今年はパスします。次にどーんと落ち込んで、動けなくなったら、その時じっくり学ぼうかな。7/8
  137. 良い習慣を身につけるための、自己啓発本を一通りチェックする。→ちらっといくつかは読んで、だいたいの傾向は掴みました。あとは本をたくさん読むことより、実践あるのみという気がしますので、クリアしたということで。7/8
  138. 写真の撮り方&加工の仕方の本を読む。(ブログにアップするため)→良い本を探してみる。私はネットより本が好き〜。パソコン関係の雑誌にも詳しくなりたい。→今はいいや。
  139. 試験が終わったら、マーガレットアトウッドの最新刊を読む。→(トランプ大統領誕生ということで、USAで「侍女の物語」がまた売れていると聞いて、確かに今読むべき本かも!と思ったので、そちらも再読したいな。)
  140. 投資の本を読み漁る。
  141. 上記の読みたいテーマに基づいて、楽天マガジンを1ヶ月試してみる。(試験のない月に→3、4月?)→6/9。こんなことをリストにあげていたことすら忘れていたのですが、リストを見直していて、あ、これならできる!と気がつきました。リスト化って大事ですね。→でも、別に今そんなに読みたい気分じゃないと気がつきました。ダメじゃん。7/8
  142. 上記の読みたいテーマに基づいて、Kindle Unlimitedを1ヶ月試してみる。(試験のない月に→3、4月?)→3月にチャレンジ!
  143. Amazon Primeを1ヶ月試してみる。(買い物が多い月にまとめてみる?)(DVDがたくさん見られる&音楽がゆっくり聞ける試験のない月に試してみる。)→あまり興味ないかも6/9
  144. (119〜121を試して見て、最も自分にあったもの1つに加入する。)
  145. 自分へのご褒美として、予算を気にせず、本を一気買いしてみたい!電子書籍だったら処分も考えなくて済むし!→資産運用の本を読んだら、私が年間に使っていい浪費費をすでに超えていたので、今年は我慢。
  146. ゆっくり落ち着いて話す。話す前に内容を整理する。→今は無理。12/24
  147. 字を左手で書く練習をする。実は病気の後遺症で、右半身に軽い麻痺があるのです。→今は無理。12/24
  148. 都営バスの定期を利用して、知らない街に行ってみる。→行ってみたい街をピックアップ中。→少しだけやれたけど、今は無理。
  149. ストレングスファインダーを買ってやってみる。→済
  150. 美味しいコーヒーゼリー+ミルク+ラカントシロップを手作りで。夏の習慣にしたいなあと。低カロリーだし、お菓子代が浮くし、ゼラチンでタンパク質取れるし、シロップの使い切りにも役立つから。→飽きました。無理。12/24
  151. 祖母にマメに手紙を出す。→祖母の誕生日や時候の挨拶のタイミングの1週間前に、レターセットと切手をバッグに入れるようにカレンダーアプリに登録しておく。→とりあえず2月はやった。次は3月かな。不定期にするより1ヶ月に1回と決めた方が続けやすそう。→これは頑張ったつもり。
  152. 父母と会う回数を少し増やす。親ももう高齢なので。便りがないのは元気な印、なんて言ってちゃダメですよね。→これも頑張ったつもり。
  153. 趣味のオフ会?っていうのや、朝活とかに参加してみる。→体を動かし始めたら、そんな時間は今はないということに気がつきました。7/8
  154. 人と会話する際のネタをテンプレとして作る。天候、交通経路、相手の服装といった当たり障りのない糸口っぽいテンプレと、相手の趣味についての質問のテンプレと、嘘はないけど当たり障りもない自己紹介&自己開示用の趣味のサッカー観戦&水泳などの話題をテンプレ化する。人とあう=入社試験だと思えば準備も必要だし、合わない会社に入っても辛いことがわかった今は、あまり取り繕うような内容にする必要もないことがわかってきたので、その辺を念頭に置いた上でバランスよく。3/1追加。→今は無理。12/24
  155. 音信不通にしていた人へ手紙やメールを書く。→時候の挨拶や相手の誕生日など、タイミング良さそうな日の2週間前の予定として枠を確保しておく。(言葉を選び、意外と時間が必要なせいで、延び延びになっているから)→素敵なバースデーカードもあらかじめ確保しておく。→まずは、以前の趣味関係の人たちと、以前住んでいた街の人と連絡を撮りたい。→結局できずじまいでした。12/24

 

「 一生涯でやりたいこと」「今年死んでしまうなら今やりたいこと」だったら、ピラミッドを見る、アマゾンにいく、などといった旅行も入ってくるのだけれど、今年やりたいことかというと、意外とそんなこともなかったです。

私はそういうイベント的なものより、お稽古が好きなんだなと、今更気がつきました。

またイベントごとや華やかな晴れの日を賑やかに楽しむよりも、裏の日、日々の何気ない日を、一人でこざっぱりと過ごす事の方が好きなんだとも気がつきました。

家事は大嫌いなはずなのに、やりたいことといえば、より良い暮らしのための家事ばかりなのも笑えます。家事は嫌いでも日々の生活を向上させたい気持ちは強いのですよね。

やる事リストを作る事で自分でも意外な自分の本音がわかりました。

 

  

*1

mamo10.hatenablog.com

 

 

mamo10.hatenablog.com

 

 

mamo10.hatenablog.com

 

 

mamo10.hatenablog.com

 

 

mamo10.hatenablog.com

 

 

mamo10.hatenablog.com

 

 

mamo10.hatenablog.com

 

 

安い物の方が良い場合もある、という話

上質な暮らしやら丁寧な暮らし、これが定番!みたいな宣伝文句に踊らされて色々買い込んでは反省し、断捨離してはやっぱり欲しくなってリバウド、みたいなことを繰り返してきました。

そんな中で、最初はこだわりの逸品を買ったものの、安いものの方が使い勝手が良かった物がいくつかあったので、今日はそれをまとめてみます。

 

1 手袋

革手袋(1万円超)から、ユニクロスマホ対応ヒートテック手袋(黒)(約千円)+雪の日にコンビニで買った防水手袋(黒)(約千円)へ。

  

ユニクロ|ヒートテックニットグローブ||公式オンラインストア(通販サイト)

オムニ7 - イトーヨーカドー ネット通販|手袋 防風防水リフレクター付き 通販

 (防水防風のものは私の使ってるものとは違うけれど、大体こんな感じのお手頃さ)

 

昔は手袋にはこだわりがあって、革製でサイズが選べて裏地がカシミアのものを毎年色や革の素材を変えて買い足していました。

でも問題点が3つ。

・意外とかさばる。バッグやポケットからはみ出て落としてしまったこと数度。

・革は雨や雪に弱く濡れると染みができてしまうし、気軽に洗えない。

スマホが操作できない。

で、これを解決したのが、上記ヒートテックと防水手袋の合わせ技です。

普段はユニクロヒートテック手袋。ニット素材なので嵩張らず、ヒートテックだから暖かさも十分。しかも洗えて、スマホの操作もできます。

そして雨や雪の日は、割り切って防水&防風手袋を、ヒートテック手袋の上からつけます。アウトドアでよくやる、保温目的のインナーに防水防風のアウターを重ねる手法を取り入れる訳です。

雨や雪の日は、転倒防止のために濡れて汚れた手すりを頼らなければならないことがあります。そんな時は、おしゃれで高価な革手袋より汚れを気にせずに済むと実用防水手袋の方が断然頼りになります。

ちなみに、ミニマリストとしては手袋を2つ持つより高機能の手袋1つの方が良いかなと思って、アウトドア系、スノースポーツ系の防水手袋も一通りチェックしたのですが、保温+防水スペックが高いものは、都心部でオフィスファッションに合わせると浮いてしまう上、高額です。それよりは安い物を二種類持つ方が何かと融通がきいて便利です。

 

2ペン類

鍵がかかるショーケースに陳列されるような万年筆類→OHTOのリバティ(細軸)に。 

文房具にもこだわりがあってそれなりに散財してきました。

が、色々試した結果わかったのは、 

・インクは高級文具店の物よりオフィス用メーカーの事務用の物の方が使いやすい。

・高級ペン類は重くて、どんなに重さのバランスが取れていて持ちやすさに配慮されていても、ペンだこが痛くなる。

・万年筆はやっぱりインクの管理が大変。ボールペンが普及した理由がよくわかる。

・身の丈に合わない高級感は、仕事&実用には不向き。

ということでした。

一目惚れした万年筆は、その高級感が身の丈に合っておらず、お偉いさんやお客様の前で使うのはためらいました。営業がド派手なブランドバッグを仕事で使うのを避けるのと同様の感覚でしょうか。

それに、ペンを貸す時も、価値のわかる相手は借りるのをためらい、わからない相手は借りパクの危険も時にあり、とやりにくい。

素材やデザインに凝った高価な文具は、美しくてロマンがあるけれど、仕事で道具としてガンガン使いやすいのは、そういう貴族的なお品ではなく、ガンガン使用されることを想定して作られた実用品で、実はそういうのはこなれた価格帯にこそ豊富でした。

ここで、完全に実用と割り切ってしまえば、会社で支給されるいかにも事務用品でも良いのですが、それだとちょっと味気ないなあということで選んだのが、OHTOのリバティ。

OHTOのリバティはペン軸と中のリフィルを自由に組み合わせられるペンで、

・1080円だけど安っぽくはなく、かといって嫌味もないちょうど良いデザイン

・高級ペン軸と比べると軽量。(ただし細軸に限る。中軸、太軸は結構重いです。)

・リフィルの融通が効く。純正のリフィルも安価で良質で種類も豊富ですが、規格がオーソドックスなので、互換性のある他社リフィルも豊富。

と、使い勝手が良いのです。割と人にお褒めいただくことの多いペンだったりもします。

 

3 ティーポット

南部鉄瓶と銀のポット→耐熱ガラスのポットへ変更。

(私は廃盤になった無印のものを使っていますが、まあだいたいこんな感じ)

 

憧れて手に入れた南部鉄瓶と銀のポットは、重かったり、サビ予防などに気を遣いました。他方耐熱ガラスのポットは軽くて安くて扱いが楽!しかも中身が見えるので、ビジュアル的にも楽しいし、お茶の様子がわかるので失敗なく淹れやすいです。

陶器のポットは茶の味がつくので、お茶の種類ごとにポットを変えるべきだと言われますが、耐熱ガラスならそういう問題もなし。緑茶にも紅茶にも使えます。1つだけしかポットを持たないならガラスが一番無難だと、お茶業界の方にもアドバイスされました。急須と違って持ち手が左利きにも優しいところもポイントが高いです。しかも、ガラスなら、合わせるカップ&ソーサーを比較的選びません。

 

4 カトラリー

シルバー→ステンレスへ。

銀のカトラリーを日常的に使う生活に憧れて、一人暮らしする時にカトラリーは銀で揃えました。ガラスや陶器と違って割れない一生物だし、毎日使っていれば手入れはさほど大変じゃないとも聞いていたからです。

でも「さほど大変じゃない」と「全く気を遣わなくて良い」は別物です。体調崩した時に銀のカトラリーの手入れを怠って、うっかり変色させて以来、自己管理さえできてない身に銀のカトラリーは分不相応だったなと反省させられました。

今後食洗機が付いている家も多くなると思いますが、銀器は食洗機×のものも多いです。対してステンレスだったらサビも変色もまずなく、食洗機もOK!それに特に18−18の物などは地金の美しさもあって素敵です。

(なお、私は少量で足りる&後から同じものを買い足せるように、とデパートで定番品をバラで買いましたが、後で、リサイクルショップなどで中古の引き出物のセットを買えばもっと安上がりだったと気がつきました。しまった…!)

 

5 布団

羽毛布団→洗える毛布を複数枚に。

これは私がハウスダストアレルギー持ちということに由来します。一応羽毛布団の時にも定期的にダイソンの布団用ノズルで手入れをしてはいましたが、やっぱり限界はあります。

そしてフワッフワの羽毛布団は、洗濯機で洗えず、手洗いは重労働。手洗いだと脱水がうまくできないから乾くまで時間がかかり、結果冬場はなかなか洗えないままに。

クリーニングもオフシーズンに出すだけなら良いのですが、オンシーズンにとなると出してから受け取るまでの期間をどうしのぐかが問題になってしまいます。

それだったらと、洗濯機でガンガン洗える毛布(大概薄くて安い)を季節に応じて1〜3枚使うことにしました。洗濯機の脱水が使えるので、朝洗って夜使えます。おかげで選択の頻度がぐんと上がり、気分的に気持ちよく眠れるようになりました。

ただ、正直羽毛布団の方が圧倒的に軽かったし、静電気も起きにくかったようには思うので、これは一長一短という気もします。私にとってはメリットの方が大きいですけどね。 

 

6 枕

オーダー枕や低反発枕(各1〜2万円)→バスタオルへ。

頚椎が弱いのでオーダー枕も低反発枕も実は経験済み。

低反発枕は頭が沈み込んで固定されてしまうので、逆に肩こり、首こりが酷くなりました。(昔の話なので今は改良されているかもしれませんが…)

オーダー枕も実質的にはセミオーダー。完璧に自分の頭部〜肩に合うわけではないせいか、首のこりは軽減されないままでした。

それよりむしろ良かったのが整形外科で薦められたバスタオルを枕がわりにする方法。

私はタオルを三つ折りにしたものをさらに半分に畳んで、首や肩のコンディションに合わせてそれを2つ重ねたり、首の部分だけ厚めにしたりと、自分で調整しています。

その時々のコンディションによって調整できるので、寝違える回数がだいぶ減りました。特に私の場合、枕の厚みが薄い方がフィットするタイプなので、枕よりもさらに薄く調整しやすいタオルの方が合ったみたいです。

また、枕カバーを外したりつけたりする作業がなくなることで洗濯が楽になりました。さらに、今までは枕カバーは洗っても、枕自体を洗うことはそうなかったのに対して、タオルは毎日洗えます。清潔度の点でも満足度は高いです。吹き出物が出やすく、ハウスダストアレルギー持ちの私にとってはこれも利点。

しかも枕カバーやその替えを所有する必要がなくなったため、ベッド周りのリネンの管理も楽になりました。

 

 *****

高い商品だからといって良いとは限らない、という言い方をする場合、高くても質が悪いものがある、という意味で使われることも多いです。

ですが、個人的には背伸びして買った上記の品々の出来が悪かったと思うことはありませんでした。

むしろ、憧れの品を使ってみて、なるほど高いには高いだけの理由があるんだなと納得することがほとんどでした。どの品にも、値段なりのこだわりや美しさがあり、作るためにかけられた手間暇を感じさせられました。

でもそういった良さが、庶民の私の生活にぴったりとマッチするかどうかは全くの別問題でした。

ちょっと前にSNSで「高い服イコール丈夫ではない。むしろ高い服ほど繊細ですぐダメになる」といったような話題が出ていましたが、服以外でも同様ですね。

高価な物は、意外とメンテナンスが大変だったり、繊細で取り扱いが難しかったり、昔から定評のあるクラシカルなものの場合は、クラシカルさ故に機能面では最新のものと比較して劣っていたりもしました。

それは質が悪いからではなく、それらを慈しんで、手間暇お金をかけて維持管理するゆとりがある人に向けて作られた商品だからだと思います。言ってみればお貴族様のロマン枠。ある意味嗜好品なのです。

でも、庶民かつ面倒臭がりの私に必要なのは、お貴族様の嗜好品じゃなく、庶民の生活道具。余計な装飾を削ぎ落とした実用本位の物でした。

洋服で例えれば、私に必要かつ似合うのは、家では洗えない繊細な総レースの高価なドレスではなく、作業着として汚れを気にせずガンガン着てガンガン洗える安価なコットンシャツ&ジーンズだった、という訳です。

 

ライフスタイルに合うものを選んでいったら、最終的に残ったのは、高価なものではなく、身の丈に合った価格帯のものばかりで、「なるほど、身の丈に合った買い物をすべきとはこういう意味でもあったのか」と、随分背伸びして散財しまくった末に、つくづくと納得しました。

パーソナルカラー診断について、個人的に思うこと。

今流行?のパーソナルカラー、実は昔ハマって、あちこちのサロンに通っていました。

10代の頃 読んでいたファッション雑誌に、定期的に取り上げられていて興味があったのです。

結果わかったことを今日はまとめようと思います。

ちなみに私はあちこちのサロンをジプシーした結果、春夏秋冬の全ての診断を受けることとなりました。どうやらとってもわかりにくいタイプだったみたいです。

 

よかったこと

・本当に似合う色に出会えた。

昔は色黒だから綺麗な薄くて淡い色は使ってはだめだという思い込みがありました。昔はパステルカラーなどの可愛い色は色白さんにだけ特権的に許されたものだと思っていたんです。

でも「黄みの強い肌色でブルーベースの淡い色の方が似合うタイプもいる」という流派の診断結果に後押しされて、青みのピンクなどの可愛い色も取り入れるようになりました。

私の場合は、自分で選ぶには躊躇するような鮮やかな青みの色が一番顔映りの良いタイプだったので、アナリストに似合うと言ってもらえなかったら、そもそもチャレンジもせず、一生本当に似合う色にたどり着けないままだったかもしれません。

 

・色々な色にチャレンジするようになった。

診断結果がバラバラだったせいもあり、頭で決めつけず、まずは試着したりタッチアップをしてみて、実際の顔映りをみてみる習慣ができました。

メイクアイテムなどは、偏光パールやラメなどの量や色で、ベースの色自体は一見似合わなそうだけど、つけてみると似合う、なんていうことが結構あります。

また洋服にしても、一見同じ色でも、パーソナルカラーで使うドレープと言われるサンプル布と、ウールとカシミアでは発色が違い、結果としてどれかは似合い、どれかは似合わない、なんていう微妙な差があったりします。

自分は〇〇タイプだからと決めつけないことの重要性を、皮肉にもパーソナルカラー診断で学んだわけです。とはいえ、チャレンジする勇気と覚悟をくれたのがパーソナルカラー診断だったのも事実です。

 

・他人の率直な意見が聞けた

「赤の他人からどう見えているのか」が気になって受けた面もかなりあったので、これは面白かったです。自分を知っている人の意見だと色々なバイアスがかかりますからね。

ただ、最終的に一番参考になるのは、お世辞を言わないおしゃれな身内or仲の良い友人だと思いました。おしゃれってその人のパーソナリティ抜きに成立しないから、ある程度その人をわかっている人の意見の方が実生活に取り入れやすかったりするんですよね。

それにパーソナルカラーのアナリストの意見はパーソナルカラー理論というバイアスがかかるので、「バイアスのかからない一般的な意見」とは必ずしも言えないと思いました。アナリストからは似合うといわれたけれど、周囲の人からは体調を心配されたり似合ってないと酷評を受けたリップやアイシャドウというのが実際にありました。

おしゃれに見せたいのはアナリストに対してじゃなくて、普段接する周囲の人に対してなのに…!っていう。

 

悪かったこと

・出費がかさんだ。

パーソナルカラー診断のメリットに出費が減るというのがよく挙げられていますが、私は診断にばらつきがあり、複数受ける羽目になった&診断結果がバラバラなのでそれぞれの色を実際に試す必要があったことから、むしろ出費は増えました。

 

・アナリストの判断は絶対じゃない。

複数のサロンで診断を受けてつくづくと思い知ったことですが、パーソナルカラーは科学的な理論ではないので、流派によって分類の仕方が色々だったり、アナリストの好みによって判断もぶれます。

サロンによって診断に使うドレープと言われるサンプルカラーの布の色の選択や量が結構違うので、私のようにわかりにくいタイプは、そのサンプルカラーにたまたま似合う色があったりなかったりといった理由で判断が変わることもあるように思いました。

 

私はゴールドのアクセサリーが雰囲気に似合うけれど、ブルーベースの色の方が肌色が明るく見えるタイプなのですが、最初にゴールドVSシルバーでイエローベースかブルーベースかを決める流派で、ゴールドが似合うからということで、ブルーベースの色をほとんどみてもらえずに終わってしまった、なんていうこともありました(たまたまそのアナリストさんがそうだっただけかもしれませんが)。

さらには、ある色を顔に合わせて見せた時に、顔色が濃く見えたとして、それを「健康的に見えるから良い」とする場合と「色黒に見えるから悪い」と判断する場合とがありました。ここは完全にアナリストの好みだという気がしました。だから自分と好みが合わないアナリストの診断だと、せっかく受けたのに納得が行かないアドバイスを受ける羽目になるわけです。

 

・一度カテゴライズ化されると、その理論に反することをするのに勇気が必要になってしまう。

これはパーソナルカラー云々というよりは、受ける側の気質の問題だとは思いますが、もともと自分の判断に自信が持てなくなって、他人にどう見えているのかを気にして診断を受けに行ったわけです。

そこであなたは〇〇だから××ね!と断言されてしまうと、何か違う…と思っても、それに反することをするのに躊躇してしまうのです。自分に自信がなければないほどそうなる気がします。

私は一番最初に診断を受けたところが「色黒オークル肌は秋」という流派だったので、実際はくすんだ中間色の黄みの強い色が一番似合わない色だったし、自分でも「これ本当に似合ってる…?」と疑問に思いつつも、可愛い色を取り入れるのは恐れ多くなってしまい、結果、一時期、そういう一番似合わない色ばかり選んで、ものすごく老けてみられていたりもしました。

その後、別のサロンで全く別の診断を受けることを繰り返すことで、個々のアナリストの判断を相対的に見つめ直せるようになりましたが、そうなるまでに出費は嵩みました。

 

 

おまけ:パーソナルカラーサロン選びの参考に。

・●●色が似合うからあなたは春(夏/秋/冬)タイプだ→あなたは春(夏/秋/冬)だからそのタイプの色が全部似合う、という説明の仕方をするアナリストは要注意。

私のように診断が別れるタイプだと、たとえばベージュは秋のキャメルに近い色が似合うけど、赤は秋の朱色が一番似合わず、冬の赤が似合う、みたいなことが結構あります。

だけとカテゴライズ化を優先させ、目の前の実際の人間の肌ばえより理論を優先させるタイプの人に当たると、「あなたは秋だから秋の朱赤が似合う」と、もっとも似合わない赤をすすめられる羽目になるわけです。

カテゴライズ化に安住する楽さ(カテゴライズ化する方、される方双方にとって)もわかるのですが、本当のおしゃれって、そういうカテゴライズ化の対極にあるものなんだと思います。

私はあちこちジプシーをしたおかげでカテゴライズ化の呪いからは解放されましたが、1箇所の診断だけで効率よくおしゃれになりたいという人は、最初にどういうアナリストさんなのかよく見極めた方が良いと思います。

 

・似合う色と似合うメイク方法と似合うファッションは全部別だけど関連性もあるから、完全に一致させる流派も、完全に別扱いする流派もそれぞれに注意が必要。

このタイプの色が似合うからこのタイプのファッションやメイクが似合う、っていう流派も要注意です。

私は、ドラマティックでゴージャスな色が似合う=派手なスタイルが似合うということで、政治家か!?演歌歌手のステージ衣装か!?OKバブル!?みたいなファッションを提案されたことが実際にあります。

また、丸くて大きな二重のタヌキ顔なのに、冬の色が似合う→冬の典型メイクはオリエンタル顔ということなのか、釣り目切れ長の一重の狐顔向きのメイクを施されて、歌舞伎役者の隈取みたいになったりもしました。似合う色と似合うメイク方法は別でしょ!!っていう…。

他方で色とスタイルを分けるところもそれだけでは安心できません。

似合う色は春だけど、似合うスタイルはシンプルストレート、という判定を受けた結果、ビジネススタイルとして「パステルカラーのパンツスーツ」「パステルカラーのシャツにパンツスーツ」を提案されたことがあるからです。ビジネスに!?それにやっぱりパンツスーツが一番映える色って、可愛い系の色じゃなくってかっこいい系の色じゃないですか?と個人的には思ったり。

ただ似合う色と似合うスタイルをごっちゃにされるよりは、それぞれ別個に診断してくれる方が、あとで自分で調整しやすかったです。

 

・結局はアナリストのセンス次第。

上記の通りなので、個人個人にあった微調整こそがむしろセンスの見せ所です。

ですが、どのタイプかカテゴライズして満足している方は、カテゴライズされた垢抜けない典型ファッションの提案しかできず、結果、理論を知らない一般のお洒落さんよりむしろださいアドバイスをされたこともありました。

今は洗練されたアナリストさんも多いようですが、昔は「色」の資格はあっても「ファッション」や「メイク」には無頓着に見える方が、ファッションの提案をされてたりもしたんです…。パーソナルカラー診断は「お洒落」の手段だと思うのに、それ自体が目的化しているというか…。

ご自身も浮世離れされたファッションで、ビジネスファッションに理解が少ない方もいらっしゃいました。

「黒以外のベーシックカラーに似合う色がなく、スーツ選びに困っている(アイスグレーやアイスベージュ、ロイヤルネイビーは似合うけど、堅い職場で使いやすい中間色〜ダークなグレーやベージュ、ネイビーが似合わない)」と相談したのに、なぜか

・似合う色のシャツを取り入れましょう!(ちなみにシャーベットオレンジを勧められた覚えが。)

・似合う色のスカーフやストールを巻けば大丈夫!(ちなみにこの場合の似合う色はド派手な色でした)

と提案されて脱力したことが1度や2度ではないのです。

女性ですらベーシックカラーのスーツが望ましいビジネスの場面で、派手色スカーフやストールを室内で防寒目的ですらなくひらひらさせて、仕事が有利になるとでも思っているのでしょうか。

しかも流行中ならともかく、そういう提案をされた時は、スカーフは過去の異物だったしストールも流行が下火になっていた時期で、単純にお洒落としてもアウトでした。

 

流派がどうこう以上に、アナリストさんがどれくらいおしゃれやメイクに興味があって、センスがあるか、受診者の個性や希望に擦り合わせてくれるか、が重要だなとつくづく思いました。

 

*****

ちなみにパーソナルカラー診断をジプシーした現状どうなのかと言えば、顔映りが良い色は概ねわかってきたけれど、おしゃれに見せるための方法はいまだに試行錯誤、という感じです。

でもまあ流行だって変わるし自分の社会的ポジションが変わればふさわしいファッションも変わるわけで、結局その時々で素敵に見えるようにするには、常に試行錯誤が必要ってことかもしれません。おしゃれって楽しいけど大変ですね。

 

 

これから診断を受ける方が、良きアナリストさんと出会って満足な結果を得られますように!そして素敵なアナリストさんが今後ますます増えますように!

態勢を立て直す。

ブログをだいぶ長いことサボってしまいました。

実は持病が急激に悪化して伏せっておりました。

当初は何かする余裕もなかったのですが、最近は多少調子の良い日も出てくるようになりました。

そんな折、長く闘病するに当たって、体調管理日記をつけると良いというアドバイスをもらって、思い出したのがこのブログでした。

長く付き合う病気がある場合、どういう時に悪化して、どういう時に調子が良いかを記録化することで、悪くなる原因がわかるようになり、自分なりに対処しやすくなるんだそうなんです。なるほど。

 

という訳で、また少しずつ、日々の生活を記録に残して行こうと思います。

とはいえ、本当にダメな時は何もできないので、不定期更新になるとは思いますが、どうぞよろしくお願いします。

 

 

リ・リスタート

実は体調を崩して、ずっとブログから離れていました。日記を再スタートさせた時は、体調が悪くても、悪いなりの状態を記録化しておこうと思っていたのですが、がくんと体調が崩れると、その作業すら辛くなり、ブログを見るということがなくなっていました。

元気な時に書きためていた記事を予約投稿しておいたので、更新自体はできていたのですが、毎日の暮らしの記録は毎日書かないといけないのがかなり負担で…。

ですが、ようやく少し動けるところまでは回復したので、日記の方もちょっとずつ再開しようと思います。

体調が悪かったせいもあるけれど、日記をつけなくなったら、「ちょっと無理してでも頑張ってみようかな」「お菓子を食べたいけれど、ちょっと我慢しようかな」という気持ちのはりが無くなってしまったように感じます。

どん底の時は無理でも、回復期にはそういう気持ちの張りがあったほうが良いように思うので、もう一度頑張ってみようと思います。

早いもので、はてなブログを初めてもうすぐで1年。頑張ったりどん底に落ち込んだりしながらですが、今どん底にいるようでも、過去の記録をみてると、少しは回復しているような気もします。そういう目安になるものがあるって良いですね。

 

前みたいにきっちり沢山書くのはまだ無理ですが、少しずつ生活を見直していこうと思います。

 

 

 

 

浪費日記:黒のウェッジパンプスとネイビーのパンプス

靴を2足買いました。

・黒の低めのウェッジパンプス クラークス25センチ

・ネイビーのハイヒール クラークス25センチ

です。

 

私の足のサイズは26cmのワイズD(幅は広いけれど甲が薄い)、しかも薬指小指が長め。

そうすると、

・国産はまずほとんど縦のサイズが合うものがない。あったとしても大概はワイズEEEで、前滑りしてしまう。

・他方、海外ブランドものは、現地では26センチサイズも普通に出ているけれど、日本にはほとんど入ってこない。入ってくるのはお高いメゾンブランドがほとんど。さらにワイズBのものが多く、薬指と小指が痛くなることが多い。(割と合うのがスペインのとイタリアのもの。)

という感じで、靴選びは毎回苦労しています。

 

 

そんな中、私の足にぴったりだったのがクラークスの黒のパンプス。ものすごく歩きやすくて気に入ったので、サイズがあるうちにと他のデザイン&色のものも買い足してしまいました。

 

代わりに断捨離する予定なのが、今年買ったばかりの、黒とネイビーの低めのウェッジパンプスと、ネイビーのハイヒールのパンプス。

とりあえず持っていないと不安&歩きやすい低いヒールのものも確保しておかねば、ということで買ったは良いものの、前滑りが激しく、あまり気に入ってなかったのです。

 

本当はお気に入り度100点のものだけを買うようにしたいのですが、靴に関しては、靴屋に行っても、そもそもサイズが合うものが一点もない、みたいなことの方が断然多いため、お気に入り度が70点程度でも、ついつい妥協して買っちゃって、次に71点のものが見つかったらまた買って…、みたいなことを繰り返しがち。

今回もまさにそうで、断捨離予定の靴は微妙だなあと思いつつもとりあえず確保しておかねば、と思って買っちゃったものでした。

ただ、今回の靴は歩きやすさは85点くらいなので、次はもう中途半端なものは買わないようにしようと思います。今度こそ…!

 

浪費日記:水泳用品追加で色々

水泳用品を追加で色々買いました。

 

買ったのはこんな感じ。

speedoの水着3枚 いずれもトレインカットスーツ Lサイズ

(UVフレックス:UVカット、よく伸びる、透けにくいという機能だそう)

(水着にenduranceと買いてある、練習用の耐塩素性が高いもの)

・SWANSのスイマーズデミスト(ゴーグルの曇り止め)2個

・SWANSのゴーグル(SW30S)2個(ピンククリアとブラウンクリア)(女性用で顔に跡がつきにくいタイプ)

 

まず水着について。

洋服もそうなのですが、私はとりあえず、ブランドや価格にこだわらず、デザインや色が気に入ったものは片っ端から試着するタイプ。

今回も最初に気になったのをいくつかピックアップしたら、ほとんどがspeedoのものでした。で、試着して顔映り&着心地などをチェックして、最終的に3枚に絞ったら、結局全部speedoでした。

私は練習用水着に関しては個人的なこだわりとして、

・ストレッチ性があるワンピースタイプ一択。競泳用のように着るのに時間がかかる丈の長いものは選ばない。(レッスンギリギリに駆け込んでも間に合わせるため。)

・丈夫な生地で、耐塩素性はできれば欲しい。UVカット効果もできれば欲しい。

・キャラクターものは選ばない。(小さな頃から大人びていて可愛げがないと言われ続けていたので、「子供っぽくて可愛らしいもの」を選ぶ資格がないような気がして、子供の頃からキャラクターものとは距離を置いているため。またキャラクターの中でも特にディズニー系は大人気のようなので、人とかぶる可能性があるため。)

・黒ベースのものは選ばない。(私の通っているプールでは、本気でガンガン泳いでいる人は黒ベースの水着ってことが多いので、なんとなく恐れ多くて。普段は黒い服ばかり着ているので、気分転換も兼ねて、水着ではあえて黒ベース以外を。)

というのがあるのですが、speedoは、これらの要素を満たしたデザインが割と多い気がします。

そういえば、リゾート&サーフィンのビキニ色々、フィットネス用、競泳用と、用途も色々、そしてarena、ミズノ、TYRなどブランドも色々と試してきましたが、なんだかんだで気に入っている&長持ちしてずっと使っているものを見直したら、ほぼほぼspeedoでした。多分形も自分に合っているのだと思います。

そうそう、サイズは今までは0(洋服で言う所のXLサイズ)だったのが、いつのまにかLサイズで大丈夫になっていました。

 

ただ悩ましいのは色と柄。

洋服ではだいたい自分に似合う色は把握していますし、柄物より無地の方が似合うというのもわかっているのですが、洋服選びのセオリーが、水着選びに置いては、そのまま当てはまるわけではなかったりします。

まず、水着の場合、柄がないものの方が、難易度が高いです。というのも、競泳用っぽくなりすぎちゃって、大して早くもないのに着るのは気恥ずかしくなっちゃうんです。

では柄物は、というと、洋服の場合は、細かな柄よりは大きな柄をポイントにしたものの方が似合うのですが、水着の場合は色との兼ね合いによっては、大きな柄じゃない方が似合うということもあったりして、その辺の見極めがまだうまくできません。パッと見たときにうるさくないデザインの方が似合うのかなあという気はしていますが、さてはて。

 

色に関しても、私は無地の洋服では、ヴィヴィッドトーン、ストロングトーン、ブライトトーン、ペールトーンあたりのトーンで、どちらかといえばブルーベースの色、その中でも暖色が似合うことが多いのですが、派手な柄の多い水着の場合、意外な色が似合ったりすることもあるので、こればかりは試着してみないとわからなかったりします。

今回も、3着買ったのですが、色々試した結果、試着する前の予想とはちょっと違ったものを買うことになりました。

まず1枚目はくすんだ赤ベースの柄物です。

洋服の場合は、ワインやボルドーっぽい色合いはともかく、くすんだ赤はそれほど似合わないのですが、今回は中くらいのサイズの柄がポツポツあるせいか、くすみがあまり気にならず、また顔まわりに白いラインが入ったものだったせいか、今回試した中では一番顔なじみが良かったのがこちらでした。

2枚目は蛍光ピンクのロゴもの。

蛍光色はパーソナルカラーで薦められはしたものの、あまり似合う方ではないと思っていた色。でも今回の蛍光ピンクは色々試着した中では似合っている方の部類でした。

3枚めは、ヴィヴィッドな青にカラフルな柄。アクセントに黄色のライン、というもの。

これが一番のチャレンジアイテム。群青、ロイヤルネイビー、ターコイ以外はあまり似合わない青系がベースカラー。しかも今回の青は8色入りクレヨンにありそうな基本の青。さらにはこれまた苦手な色である黄色が顔まわりにポイントで使われているという。でも売り場では意外とこれがうるさくならずに着れていたので、びっくりしました。

ただ、買ってから気がついたのですが、手持ちのゴーグル&シリコン帽は赤ベースの水着に合わせた色のものしか持ってま戦でした…。

普段と違うタイプの水着を買っちゃうと、それに合わせた小物まで必要になるんですよね。なので、今回買ったものを使い切ったら、また今まで通りの赤〜ピンクベースのものを選ぼうと思います。

(追記:売り場では似合っているような気がしてましたが、普段通ってるプールの暖色系の照明の下だと、あまり似合って見えてないような…?)

 

次にゴーグル。

ゴーグルはつい先日新しいのを2個も買ったばかりだったのですが、残念ながらいずれもあまり合わなかったため、追加購入と相成りました。

ゴーグルも水着同様、シリコンクッションあるものないもの、競泳用トレーニング用フィットネス用と、替えゴムが使えるタイプ使えないタイプなど、色々試しまたし、メーカーも色々試してきました。

私は目の周りの骨格が平均とだいぶ異なっているらしく、シリコンクッションがないタイプは、骨にぶつかって合わないことが多く、水が入ってきちゃうので、まずNG。

競泳用などでは、ごく薄いクッションがついた小さめレンズのゴーグルもあったりしますが、これはこれでぎゅーっと締め付けられるような感じがして、目の周りが痛くなるのでパス。

また、ミラーレンズの方が、炎天下の中では景色が見やすいらしいのですが、夜のプールで泳ぐことがほとんどの私の場合、高いミラーレンズを買っても宝の持ち腐れ。普通のレンズで十分だということも、今までの経験からわかりました。

 

さらに前回の反省をすると、前回買ったviewのゴーグルはゴムが短いため、頭が大きい私が使うとちょっときつくてあとが残っちゃうのです。またゴムが厚めで、長さ調整するのが地味に大変。

また前回は、SWANSの中でも、今回買ったタイプよりも新しい、シリコンゴムの長さ調整が楽になる機能を搭載したものを買ったものの、この機能をうまく使いこなせず、むしろはみ出てきた髪を直したりしているうちに、ゴムが緩んできちゃったりする始末。(多分髪を直すときに、変ないじり方をしちゃってるんだと思います)。

以上の経験から、練習用のゴーグルに関しては、SWANSの女性向けフィットネス用ゴーグルの旧型がベスト、という結論に。(大会用はひとまず置いておきます…。)

 

なお、旧型はレンズが曇りにくくなる機能を搭載した新型に比べて、寿命が短い可能性があるので、今回は一気に2個買っておきました。

 

ちなみに、今回は買い足しませんでしたが、シリコン帽もspeedoが一番私の頭の形にあうみたいですし、プルーフバッグ(濡れた水着などを入れる防水のバッグ)もspeedoが私には一番使いやすかったので、今後は、練習用ゴーグルはSWANS、それ以外の水泳用品に関しては、まずはspeedoをチェックするようにしようと思います。