こざっぱり!

自分を変えようと奮闘中の闘病中R40独身女。ひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。体調変動が激しいので、投稿には波もあるし予約投稿も多いです。反応のタイムラグはごめんなさい。

2021年上半期に使って良かったもの

2021年上半期に使って良かったものを10個まとめてみました。順不同です。(以前買って実際使ったのが今期のものも一部入っています。)

 

実は結構散財していたはずなのだけど、振り返ってみると意外とこまごまとした雑貨であたりが多かった気がします。

 

 

  1. SwitchBot スマートホーム&カーテン

    カーテンの開閉のスマートホーム化は今期やってよかったことN0.1です。

    スマートホームに該当するものは先にEZCONをもっていたのですが、そちらがカーテンに対応していなかったので、買い足すはめになってしまったのは残念。

    カーテンにとりつける器具が結構大きいので、レールの滑りが悪くなり、カーテンにひっかかったり、レールの滑車がひっかかったりしてしまうので、この製品がベストなのかは不明。

    でもカーテンのスマートホーム化自体はやっておいて本当に良かったです。

    起床時間よりちょっと早めにカーテンが開くようにしておくと、自然光で目覚めやすくなります。これが何よりも良かった!それに寝込んだ時にカーテンが閉めっぱなしだと鬱々とするのですが、それも防げます。不在時でも自動的にカーテンがしまるのも防犯上良いのかなと。

    毎日決められた時間に開閉するようプログラムした上で、アレクサと連動させ、決められた時間以外に開閉するときはアレクサに頼んでいます。他の作業をしながら声でコントロールできるのも良いです。

    カーテンの開け閉めくらい、お城に住んでるわけじゃなし別に自分でできるよって思っていたのですが、眠っているうちにカーテンを開けることなんて自分ではできませんし、それ以外の点でも思った以上に便利でした。

  2. 取手がとれる20cmの鍋

    使い勝手の良さは手持ちの18cmのものが一番なのですが、1つだけだと困ること、塊肉を煮たり、大量に料理する時に18cmだと大変なことから20cmを買いました。自裁のところ、塊肉を料理することは最近あまりないのですが、ごはんのまとめ炊きをするのに便利です。ご飯を炊く時に使うので蓋必須なのですが、ちょうど良いものが見つからなかったので、今は24cm用の蓋を使ってます。

    ちなみに味噌汁用に16cmも買ったのですが、私は豚汁のようなおかずになるような味噌汁をたっぷり作ることが多いので、活躍度は低めかも。

  3. リチャード・ジノリのベッキオホワイトの盛り皿

    気がつくと手にとっているお皿。縁が立ち上がっているのでカレーなどちょっと汁気があるものやパスタなどこぼれちゃいそうな食べ物も載せやすいです。白無地だけど模様があるので、のっぺりしないで料理が美味しそうに見えます。模様があるけど白無地だから和洋中どれにでも合わせやすいです。サイズが程よく使い勝手が良く、レンチンできて食洗機OK。というわけでものすごく便利。

    2021年前半は食器類を結構買ったのですが、その中でもベストだし、今まで愛用していた食器と合わせても活躍度が高いアイテムです。

     

  4. サンサンスポンジ ソフトタイプ プレミアムブラック

     スポンジは真っ黒無地派なのですが、前に買っていた店がなくなって困って買ったのがきっかけ。買うまではスポンジにこの値段?って思っていたのですが、使ってみたら丈夫で長持ちするのでコスパはそれほど悪くないなと思いました。水切れが良く衛生的に保ちやすいのが良いです。
    圧縮パックに入っているので、ストックしても場所をとらないのも良いところ。
    茶葉など細かいゴミが絡みやすいのは玉に瑕。

  5. ユニットバスステンレス排水口ゴミ受け

    ユニットバスの排水口ゴミ受けに絡んで溜まった抜け毛、毎回手でとっていたのですが、それでもなんとなくヌルヌルしているのが気持ち悪かったのです。排水口カバーの凹凸を掃除するのも大変でした。思い切って、カバーを外し、排水口のゴミ受けをこちらにしたら、こちらは排水口からのとりはずしが容易なので、ゴミ捨てが楽になりました。目が細かいからか髪が絡みにくいのも楽だし、なによりヌルヌルがなくなりました。これを使えば元からついていた排水口カバーを汚さずに済むので、賃貸の時に知っていたら楽だったのになあと思います。
    悩むほど高くもないのだし、もっと早く出会いたかった。

  6. ユニ・チャーム ソフィ シンクロフィット

     重い生理の時に、ナプキンにプラスして使うもの。
    何が良いってまず一番に言いたいのは横漏れしにくくなったこと!!!
    夜用の長いナプキンを使ったとしても、縦には対応できても、横漏れは防止しきれなかったりしませんか?
    こちらは体にフィットするから横漏れしにくいみたいです。
    横漏れ防止の点では、タンポンでも良いのでは?と思うかもですが、タンポンだと取り外しの際に手が汚れてしまうため、出先のトイレでは取り替えにくかったし、夜使っても朝バタバタした時に取り換えるのは大変です。その点こちらは手を汚さず外せてそのままトイレに流せるし、つけるのも手が汚れにくい。コンパクトなので持ち歩きも楽です。あえて難点をいうなら、トイレを利用するたびに外れてしまうことかな?トイレが近い人だと消費が激しいかもしれません。
    でも逆になかなか離席できない時には救世主です。これ1つ挟むだけで、ナプキンの交換時間を結構延長できます。
    コスパの点ですが、私の場合、多い日は日中も夜用ナプキンを複数枚使っていたのですが(それでもたまに横漏れしていた)、これをつけかえることでナプキンの消費量が減りました。
    それに、これをつけるとまずはこれが経血を受けとめ、これで受けとめ切れなくなった分をナプキンが吸収するという感じになるので、お尻全体のじめっとした不快感も減ります。なにより横漏れの恐怖から解放されたのは大きいです。
    そう考えると、決してコスパも悪くないと思います。

  7.  ライオン DENT.EX歯間ブラシ4S

    (私はリンク先のうち4Sだけを使っています。)
    SNSではフロスのおすすめ情報がとびかっているけれど、私はフロスではどうしても汚れが取り切れませんでした。
    かかりつけの歯科で歯垢をとってもらった際に相談したところ、お勧めされたのがこちらの歯間ブラシ。サイズは歯科衛生士の人に選んでもらいました。
    こちらは見た目の通りピック型ブラシなので、とても簡単に隙間を磨けます。ピック型のフロスだとひっかかっちゃったり、ひっかかるわりに汚れはこすりとれず歯肉を痛めたりしがちだったのですが、自分にあうサイズの歯間ブラシはそういうのがないです。
    隙間にフィットさえするならフロスのような糸よりブラシの方が汚れは取りやすい気が。
    類似商品に比べて割高なので、もっと安いのを…とも思ったのですが、4Sサイズがなかなか見つけられず、大きすぎると隙間に通らなかったり、歯に無理な力がかかったりするので、こちらにしています。
    定期的に歯のクリーニングをしているのですが、その際前より汚れが少ないと言われたので、私にはあっているみたいです。
    とはいえ、人によって歯並びも違うし、私は専門家ではないので、万人におすすめというわけではないです。
    最近はフロスにはそれほど効果がないなんていう情報を歯科医の方のアカウントが発信されていたりもしますし、何が正解なのか迷っちゃいますよね。
    だからこそ自分に合った効果的な磨き方と道具を知るのは大事だなと思いましたし、病院でされるがままになっているのではなく、相談するのも大事だなと思いました。

  8.  リンメル プリズム パウダーアイカラー | リンメル公式サイト | RIMMEL LONDONの005(ブライトオレンジ)と020(パープルピンク(透け感発色))
    005は「爽やかで優しい輝きのブライトオレンジ」、020は「リゾートの空の煌めきのようなパープルピンク」という売り文句です。
    昨年から今年にかけて、単色アイシャドウを集めまくっていたのですが、活躍度が高かったのはNARSとリンメルでした。リンメルは鮮やかで濁りのない色が割と多く展開していることもあり、その上でラメが濁らず単調にならずに発色し、濃さの調整も簡単。かつパレットに詰め替えやすかったです(マグネット式でないのは残念だけど)。
    その中でも特にお気に入りがこの2色。
    005はブルーベースの私でも使いやすいです。薄くつけるとそれほどオレンジは発色しないのでラメ足しにも使えます。私はブルーベースだけどクマが目立つので青みよりのパープルはゾンビ化するのですが、020は紫とローズの中間みたいな色で、淡くつければ可愛くもなるし、しっかり二重幅につけても意外と馴染みます。

  9. キリアン ANGELS' SHARE
    これは香水。ANGELS' SHAREというのは樽で寝かせていたウィスキーの蒸発分のこと。コニャックメーカーの一族であるブランド創設者の出自にちなんだ香り。初期に出していた香水と違って余計な(失礼)ケースなどがついていない代わり、ボトルがウィスキーグラスのようでそこも個人的には気に入っています。
    香り自体はいうほど樽香は強くなく、私の肌だとブランデー漬けのドライフルーツがたっぷり入ったスパイシーなパウンドケーキって感じのグルマン系に香ります。ほっとするので冬〜春先の寒い日の安眠のお供として大活躍していました。パリだと250mlのカラフェ型のボトルも売っているみたいでそっちも可愛いのだけど250mlのハードルは高いです。

  10. オート 芯ケース

     シャープペンシルの替え芯入れです。
    替え芯ってスライド式の替え芯ケースに入って売っていることが多いですが、あれって勝手にスライドが動いて中身が溢れて大惨事ってことありませんか?あとデザインも仕方ないとは言え、あれこれ情報が詰め込まれすぎていてちょっとうるさいです。なので芯ケースを地味に探していたのですが、ようやく見つけたのがこちら。ねじ式キャップなので中身が溢れにくく、細身でシンプルなゴールドケースは私の理想そのままでした。めっちゃストレスフリーです。