こざっぱり!

自分を変えようと奮闘中の闘病中R40独身女。ひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。記事は予約投稿のことも多々あり。反応のタイムラグはごめんなさい。

目標を具体的な行動に落とし込む。(5/6)

 

前に今年の抱負を6つ挙げました。

1健康第一→正しい生活習慣(特に食生活)を身につける。

2効率的で時短&省エネな家事を身につける。

3楽しみを見つける

4人と交流する

5仕事以外で自分の自信になるものを身につける。あるいは自分の自信になるものがなくても、そんな自分を自分で認めてあげられるようになる。

→自分の武器を見つける、自己肯定力を身につける、ということかな。

6メリハリの効いた無駄のない家計運営

 です。

目標達成のためには、その目標を細分化し、具合的なアクションに落とし込むのがコツだと言われているので、私もやってみています。

今回は、 

5仕事以外で自分の自信になるものを身につける。あるいは自分の自信になるものがなくても、そんな自分を自分で認めてあげられるようになる。自分の武器を見つける、自己肯定力を身につける、ということかな。

について。

これ、難しいですよね。何から手をつけて良いのかわからない。

よて、さしあたりは1:コンプレックスを解消する方向で取り組みつつ、2:自分の強みを探す、3:自分で自分を認めてあげられるような意識の持ち方を模索する感じになるかと思います。

1 コンプレックスを克服する。

コンプレックスを克服するには、まずコンプレックスと向き合わなければなりません。私のコンプレックスは

Ⅰ 怠け者でだらしなく、何事も続かない。

→怠け者でも帳尻があうような合理的な生活を目指した方が早そう。また何事も続かないけど、断続的に諦めずにやればそれで良いような気もしてきました。三歩進んで二歩戻る感じにはなるけど、トータル一歩進められてることを認めてあげる方向で。

→何か目標を立てる時は、短期で達成できる目標にする。長期的で遠大な計画を立てちゃうから挫折して、挫折感にさいなまされるのです。身の丈にあったちっちゃくて簡単な目標を立てようと思います。

Ⅱデブ。ブサイク。

痩せるしかないけど、これまでなんどもリバウンドしてきたので、無理せず少しずつ頑張ります。とはいえこれも、1年で10キロ、みたいな長期的な計画は苦手なんですよね…。

今までは、一度太ると、何もかもが嫌になって、痩せてる時は楽しいオシャレも、楽しくなくなり、身なりに気を使わなくなり、ますます自分の容姿に劣等感を抱くようになっていたので、デブなりに着痩せやオシャレのテクを磨こうと思います。

Ⅲ 人に好かれない。会話がつまらない。話題がない。聞き役に回って、それなりに取り繕ってきたけど、結局私のことを知ってくれた上で好いてくれる人には出会えてない。

→取り繕ったところで好かれないのなら、素直に自分を出してしまった方がましな気がしてきました。話題も興味のない話題を仕込んでも結局続かないなら、好きなことを楽しく語れるようにネタを準備しておこうかなと。

→体調のこともあってドタキャンが増え、だんだんそれ自体が負担になって、誰とも合わない&約束しないで過ごすことが増えてきました。ですが、だったら最初から「体調が安定しないから○日前に連絡できてなかったらキャンセル扱いでお願い」って甘えてしまって、それでも大丈夫な人と、まずは交流してみても良いのかなあと。あと1対1じゃなくて大勢の集まりの方がキャンセルはしやすいですよね。

→体調の兼ね合いでレスが単調になることもあらかじめ断った上で、短くてもきっちりレスだけはするようにしようと思います。しなくなると、後々謝るのも辛くなるんだよね…。

Ⅳ 音痴

音痴が故に、カラオケが拷問で拷問でおつきあいにも支障がでるレベルで苦手です。なまじピアノが弾けて音感もそこそこあるから、自分が音痴なのは自分でもわかるんです。だからこそ辛い。でも高齢者の集まり見てるととりあえずカラオケってことも多いみたいですし、ボケ防止にも役立つらしいし、私の世代はカラオケが流行った世代だし…。今からでもボーカルレッスン通ってみようかな。

Ⅴ 今の仕事が好きじゃない上に向いてない。仕事ができる方じゃない。

→今まで「男にモテることより結婚できることより、仕事ができる人が良い人」という価値基準で生きてきてたから、男にもモテず、結婚もせず、でも仕事もできない、という今の状態だと、自尊心が全く保ててません。しかも今の仕事、つくづく向いてないなと思う一方で、今の体調では転職もままなりません。惰性で今の仕事するのが精一杯。社内でも落伍者扱いなので、今後の出世も望めないとなると、正直モチベーションも維持できません。

とはいえ、今の体調でもとりあえず首を切られることなく、お仕事させていただけていることに関しては感謝でいっぱいです。なので、とりあえず自分の理想とかけ離れてしまったことからは目を瞑って、今の環境に感謝して、今の自分にできること、今の自分に与えられた仕事だけは、責任を持って、綺麗な仕事をして生きたいと思います。仕事の質と量が保てないのなら、人間関係だけは気を遣って、職場環境の雰囲気はうまく保って生きたいです。そこができなくなったら、ますます自信を失うものね。

→エリートばかりに囲まれて来た一方で、私自身は潰しが効かないのも不安&劣等感の原因。ならばものすごく立派な資格じゃなくても良いので、とりあえず再就職に役立ちそうな手軽な資格を取ってみようかなと思います。

今までの私の思考は「鋼の剣が手に入らないなら、どうせ棍棒なんか役に立たないし、もう素手でいいや」みたいな感じだったんですけど、「素手よりは 棍棒でもあった方がマシ」という考え方に切り替えたいところ。

 

2 強みにしたいこと、できるようになりたいこと

Ⅰ 運動神経

体を壊してしまっていますが、元々は運動全般得意で大好き。興味のあるコンディショニングなどの方に生かしていければと思います。

Ⅱ 美味しく食べること

これはもはや特技なんじゃないかと思うので、食べることを粗雑にせず、罪悪感も感じたりせず、素直に楽しく食べていこうと思います。

 

3自分で自分を認めてあげる方法を見つける。

 

Ⅰ 毎日一つだけでも、どんなに小さなことでも良いから、自分で自分を誉められるようなことをして、記録化する。

掃除でも良いし、断捨離でも良い。何かを使い切ることでも良い。5分でも勉強したらそれを褒めようと思うし、もっといえば、1日1回外出したこと、仕事にちゃんと行くこととか、社会人としては当たり前のことでも、やれたらそれは褒めたいと思います。

正直、ベッドから起き上がるのだって辛い病状の時もあるので…。

 

 Ⅱ 身綺麗な格好をする。

  自分の中身に自信が持てないときは、とりあえず外側だけでも武装しとくと、それだけでも少し楽になる気がします。世間からの余計なダメージは回避するのに越したことはないですもんね。

 

Ⅲ 心理学系のハウツー本とか自己啓発本にチャレンジする。

今までそういうのって何かダサいと思って避けていたけど、役立つことは積極的に取り入れた方が、得なんだと割り切ってしまった方が良い気がしてきました。自分で解決の糸口が見つからないのですからね。