こざっぱり!

自分を変えようと奮闘中の闘病中R40独身女。ひっそり楽しくこざっぱり暮らしたい。体調変動が激しいので、投稿には波もあるし予約投稿も多いです。反応のタイムラグはごめんなさい。

読書感想:フランス人は10着しか服を持たない2

 

流行った「フランス人は10着しか服を持たない」の第2冊目。

こちらのサブタイトルは「今の家でもっとシックに暮らす方法」です。

フランス帰りの著者が、カリフォルニアでシックに暮らすために考えた様々なアイディアが詰まっています。

著者のブログタイトル「Daily Connoisserur」(暮らしの達人)のコンセプトの由来がアガサクリスティーの「謎のクウィン氏」からというのが面白い。

他に気になったキーワードが「bien das sa peau」(直訳すると「自分の肌色に満足している」。ひいては「ありのままの自分に満ち足りている」「自分らしくある」という意味出そう。)。

 

Part1のタイトルが「毎日を特別に生きる」でこのコンセプトも素敵だなと思いました。

 

私が参考にできそうだなと思ったことは

・自分だけのお楽しみを朝に仕込む

・お気に入りの飲み物はゆっくり味わう(好きな器で!)

・朝食はきちんと味わう(フランス流に甘いタルティーヌとタルトとヨーグルトと紅茶、みたいなのも素敵だなと)

・午前11時のコーヒーブレイク「イレブンズィズ」(くまのパディントンのお気に入りはマーマレードとバターをたっぷり塗ったトーストなのだとか。)

・いいかげんなランチにしない

・午後にできる気分転換のアイディア(私にできそうなことは午後のお茶と香水を楽しむことかしら)

・テーブルマナーを守って素敵なディナーにする

・夜のボディケアもスケジュールに組み込む

・ご褒美の時間(思いっきり早寝することだったり、お風呂に使ったり、綺麗なパジャマとバスローブを着たり。)

 

著者には娘さんが二人いるとのことで、子育て家庭ならではのことについての記述がとても多くありました。だから家庭持ちの方が読んだらより面白いのかもしれません。